側弯症、整体師が考えるチェックリスト

側弯症チェックリスト

側弯症とチェックリスト

側弯症の原因はその多くが明らかになっていないわけですが、特に成長期にあたる10代女子に発症しやすい症状といわれています。
そこで、最近では自宅で側弯症のセルフチェックを行おうようになってきています。一体どんな点をチェックしていくのでしょうか?

側弯症のチェックリスト

側弯症の検査については今まで学校の健康診断で行うようになっていました。その側弯症の検査はモアレ検査とも呼ばれています。モアレ検査では背中に高低がわかるよう縞模様を投影し、それを写真撮影して脊柱に異常がないかを見るという内容になっています。モアレ検査の際には、基本的に上半身裸にならないといけません。服を着ていると脊柱の観察ができないため、服を脱ぐ必要があります。

そして、下は腰椎の下まで写していくので、下着やズボンをお尻の半分まで脱いだ状態で行われます。体勢としては、傾きのある台に体をあずけていくようになっています。体の力を抜いた状態で検査をします。モアレ検査は女子にとって恥ずかしい検査となっているため、学校で行うことに抵抗を感じている子供も多いです。

しかし、最近ではモアレ検査に代わって自宅で側弯症のセルフチェックをして学校に持っていくという流れになってきています。これなら、女子にとっても自宅でできるので安心ですね。そこで、自宅でどんなことをチェックしていけばいいのか、項目を紹介しましょう。

 

鏡に上半身を写してチェックしていくようにしましょう。

※この時に服は脱いでいるように。そうしないと、細かい差がわかりません。

 

1 右と左の肩の高さが一緒かどうか

2 両腕と腰の隙間が左右で大きさや形が異なっていないか

 

この2つは、自分で鏡を見てチェックできる項目になっています。

しかし、次以降の項目は誰かに見てもらわないとわからないので、お母さんに頼んでみるといいでしょう。

 

3 左右の肩甲骨の高さが一緒かどうか

4 左右の手のひらを合わせて体を前かがみにしていく。

※この時に体がねじれないように屈んでいくことがポイント。

左右で背中の高さや腰の筋肉の高さが一緒かどうかをチェックする。

 

これらが基本的なチェックリストになっていますが、もう少し詳しくセルフチェックすることもできます。その場合は、こんな点をチェックしてみましょう。

 

・まっすぐに立ち、首の後ろから背中を見下ろしていきます。この時に肩甲骨が片方だけ出っ張っていないかどうかを確認してみましょう。

 

・お尻の形をチェックする方法もあります。腰の部分に側弯が出てきていたら、片方のお尻に出っ張りが出てきます。お尻の左右の差はわかりやすいと思うので、すぐにわかるでしょう。

 

以上、このようなチェックリストを自宅で行って、その結果を学校に持っていくということになっているので、小学生のお子様をお持ちの方は慎重にチェックをしてあげるようにしないといけませんね。

側弯症の疑いや側弯症と診断された場合は?

学校でのモアレ検査の代わりに自宅でのセルフチェックになってきている側弯症の検査ですが、自宅でチェックしてみたことを学校側に提出し、これを専門医の方に渡して新たに判断されます。ここで側弯症の疑いがある、またはすでに側弯症であるとわかった場合には、次にどのような対策を取っていけばいいのでしょうか?

まず、基本的にはよっぽどひどい側弯症でない限り、手術をすることはないということを知っておきましょう。そして、経過観察という結果が多く、成長期の子供の場合には体がどんなふうに成長していくかわからないため、側弯症の動きも読むことができません。そのため定期的に検査をしながら、側弯症の進行具合がどうかを確認することになります。

手術の心配はほとんどないわけですが、それでも体が成長していっている10代の場合には、日頃の生活の仕方には注意しないと側弯症を進行させてしまうこともあります。よって、側弯症の疑いがあると言われた時点で、姿勢には特に気をつけましょう。この姿勢とは机に向かっている時だけでなく、ゲームをしている時やテレビを見ている時の姿勢も含まれます。よく寝転んだり、横になってテレビを見る子供がいますが、これはよくありません。

そして、机に向かっていても前かがみのいわゆる猫背状態では姿勢が悪くなっています。背筋を伸ばして正しい姿勢で物事に取り組むようにしていきましょう。猫背では目も悪くなってしまうので、悪循環になってしまいます。子供一人では意識しにくいこともあるので、親御さんがよく様子を見てあげるようにしましょう。日頃の過ごし方でも側弯症を進行させないで済むので脊柱の形が変わってしまう前に予防していきましょう。

 

側弯症の検査が健康診断の際に必須になっていますが、それだけ側弯症についてしっかり検査していかないといけないという考え方が出てきていることも示しているでしょう。特に現代の子供はゲームやテレビなどの娯楽がたくさんあるので、その時の姿勢も重要視されています。進行していった場合に、学校での体育でも引け目を感じるようになるので、そうならないように早めの検査と対策をしていきたいですね。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。