側弯症で反り腰でお困りの方へ

側弯症で反り腰

側弯症と反り腰

側弯症は徐々に進行していくことで日頃の姿勢にも影響を及ぼすと言われています。姿勢が悪くなると、見た目だけでなく体にも不調が現れます。その1つに反り腰というものがあります。言葉の通り腰が反ったようになってしまうわけですが、原因や対策方法はあるのでしょうか?

側弯症からなる反り腰の原因とは

側弯症というのは背骨を中心に腰椎にまで症状が広がることもあります。脊柱が左右どちらかの方向に曲がっていってしまうわけですが、これによって体も大きな負担を感じるようになります。側弯症からどんな不調を感じるようになるかは人それぞれですが、その1つに反り腰があります。

反り腰は腰が反っている状態であり、女性に多いと言われています。側弯症も女性に多い症状になるので、そこから反り腰になる人が多いというのも言えるでしょう。反り腰になるとお腹がぽっこりと出てくるので見た目も自信を失ってしまいます。

もともと脊柱というのは頚椎から胸椎、腰椎、仙骨などが自然なS字カーブを描いています。正常な状態でも、緩やかなS字になっているわけですが、これが側弯症になるとだんだんとカーブの角度が急になっていきます。この時に、腰椎の前腕カーブがきつくなっている状態を指しています。骨盤が前腕になっていき、腰椎に負担がかかっていくことで反り腰となってしまいます。

この反り腰をそのまま放置していると側弯症も改善しませんし、その他の不調も出てくるようになります。まずは、骨盤がどんどん歪んでいってしまいます。骨盤は臓器を支えているとても大切な部位でもありますが、反り腰であると骨盤がゆがんでしまいます。その結果骨盤の開いてしまったところに内臓が入り込んでしまい、ぽっこりお腹に悩むようになります。

また、下半身太りという悩みも出てきます。反り腰は女性に多いので、下半身太りで悩む女性も多くなるということになるでしょう。反り腰になることで大事な基盤である骨盤が歪んでいくことを説明しましたが、これによって骨盤周りの血液の流れが悪くなってしまいます。これが下半身に思うように流れてくれなくなり、むくみやすくなったり老廃物が溜まるようになっていきます。セルライトの原因にもなってしまうので、下半身太りをさらに進行させることにもなります。

ぽっこりお腹や下半身太り以外にも、腰自体に負担がかかることも事実です。反り腰といういつもと違う状態が続くわけなので、腰痛が出てくることもあります。痛みもあり、姿勢も悪くなり、見た目も悪化してしまうという悪循環になってしまうので、側弯症から反り腰になっているようであれば側弯症を進行させないように意識しながら、対策を取っていくことが必要になってきます。

反り腰の対策方法とは?

反り腰になるだけで体の歪みが生じてきて、姿勢も悪くなっていき体のバランスもずれてくるわけですが、この反り腰はどんなふうに対策を取っていけばいいのでしょうか?まずは、こんなことに注意してみましょう。

 

・日頃の姿勢に気をつける

反り腰になっている時に無理に体を元の状態に戻そうとする無理な力はよくありませんが、普段テレビを見ているときや本を読んでいる時、パソコンに向かっている時の姿勢をちょっと意識してみましょう。何かに集中しているとき、自分の姿勢にはそんなに気をつけていないと思います。これを意識するだけでも、反り腰を悪化させないで済むでしょう。

 

・整体で側弯症の様子を見ながら骨盤の歪みをケア

骨盤がどれぐらい開いているかというのは素人ではなかなかはっきりと知ることができません。自分の体のことであってもわからないことはたくさんあります。そこで、側弯症の場合は無理なことをするのは良くないので、反り腰を改善したいというときには整体で相談してみましょう。

整体では側弯症の様子を見ながら骨盤の歪みをケアしていってくれます。ただし、一度の施術で完全に元通りになるわけではなく、また数日したら歪みは生じてくるものなので整体も続けることが必要になってきます。

 

・正しい姿勢でウォーキングを

側弯症の時、運動はできる範囲でしていきましょうと言われます。この運動の内容によってもどんな癖で行っているかは自分では気づきにくいです。そこで、激しいスポーツよりも手軽にいつでもできるウォーキングにしてみましょう。ウォーキングの時には反り腰を改善していくために、姿勢を正して前を向くようにして歩いてみるといいです。テンポよく歩くと気持ちもよく、適度に汗もかくので日頃の運動不足も解消できるでしょう。歩幅は大きめに早歩きくらいがベストです。1日30分くらいでいいので、ウォーキングを日課にしてみるだけでも、運動不足と反り腰の解消につながるでしょう。

 

側弯症からは本当にいろんな症状が出てくるようになります。その1つにあげられる反り腰はできるだけ早く改善していかないと体型が崩れていってしまいます。女性にとって体型の崩れは止めたいところなので、側弯症の様子を見ながら整体を利用して歪みをケアしてもらったり、自分なりに姿勢を意識したりウォーキングを始めるなど、生活に変化をつけていってみましょう。これらを継続するだけでもだんだん反り腰がましになっていくのを実感できると思います。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。