側弯症で反り腰の方へ

側弯症で反り腰

側弯症で反り腰

側弯症は徐々に進行していくことで日頃の姿勢にも影響を及ぼすと言われています。姿勢が悪くなると、見た目だけでなく体にも不調が現れます。もう一つ、腰痛の原因に反り腰があります。側弯症が原因で反り腰になることはありません。しかし、サクシタ療法院には、意外に側弯症のために背骨が彎曲していることに加えて、反り腰で腰痛を訴えるかたは多いです。

反り腰の原因とは

側弯症は、胸椎のみならず、腰椎が彎曲することがあります。脊柱が左右どちらかの方向に曲がっていってしまうわけですが、これによって体も大きな負担を感じるようになります。側弯症からどんな不調を感じるようになるかは人それぞれですが、腰痛を起こすことがあります。

ただでさえ、腰に負荷がかかりやすいのに、さらに腰痛を引き起こしやすい反り腰だと二重で負の負担になります。

反り腰は腰椎が過度に前弯状態であり、女性に多いと言われています。側弯症も比較的女性に多いものです。

もともと脊柱(背骨)というのは、生理的湾曲といって頚椎(前弯)胸椎(後弯)腰椎(前彎)仙骨(後弯)が前後に自然なS字カーブを描いています。これに対して側弯症になると、だんだんと左右に角度が急になっていきます。反り腰は腰椎の前弯がきつくなっている状態を指しています。つまり、腰椎には前と左右どちらかの不自然な湾曲がおこるのです。

この状態をそのまま放置していると不調が出てくるようになります。まずは、骨盤がどんどん歪んでいってしまいます。骨盤は臓器を入れている器であり、上半身と下半身のバランスをとる、とても大切な部位でもあります。骨盤がゆがんでしまいます。その結果、内臓もゆがんだ器に収まる形になるので、ぽっこりお腹になるだけでなく、腰痛をはじめ、時には消化器系、婦人科、泌尿器などで悩むようになる可能性があります。

 

反り腰に無痛整体

サクシタ療法院の無痛整体の視点からですが、とくに側弯症の方は、からだの歪みのせいで骨盤のバランスが乱れやすいです。若いうちは多少のゆがみでも筋力でカバーができますが、歳をとるにつれて筋力が落ちると腰痛が出やすくなります。さらに反り腰が加わると、歪みがひどくなります。

これに対して無痛整体の施術では、からだ全体の歪みが整えます。すると骨盤や腰椎が自然に変化していきます。あとは自宅で出来る、その方にあわせた体操を指導しています。これで施術と施術との間に、整えたからだが戻らないように維持していきます。

脊椎側弯症に加えて反り腰の方は、できるだけ早くに無痛整体を行うとゆがみの変化も早いです。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。