側弯症とアトピー

側弯症とアトピー

側弯症はアトピー性皮膚炎の原因になりうるか?

側弯症とは、背骨を正面から見たときに、まっすぐであるべきなのに、左右に曲がってしまう疾患です。アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症が悪くなったり、良くなったりを繰り返す疾患で、強い痒みが特徴です。

共に詳しく解明されていないことが多く、両方の病気を合併している方も少なからずいらっしゃいます。今回は、側弯症とアトピー性皮膚炎の関連性について考えてみたいと思います。

アトピー性皮膚炎とはアレルギー疾患のひとつ

アレルギーは体の免疫システムに関係して起こります。体内にウイルスや細菌が入ってくると、体はそれらを異物とみなし、抗体を作って、異物から体を守ります。それを免疫システムといい、人は免疫システムが正常に働くおかげで、風邪をひいても、立ち直ることができるわけです。

しかし、体に害のないものにまで、異物として反応してしまうことがあり、その場合をアレルギーと呼びます。アレルギー反応の結果として、体に不要な症状を引き起こします。皮膚に出たものが、アトピー性皮膚炎、気管に出たものを気管支喘息、重症化するとアナフィラキシーというわけです。まれに「IgE症候群」といい、免疫不全の難病の場合もあります。

この難病ではアトピー性皮膚炎と脊椎側弯症を合併することが医学的に認められています。

年齢によって症状の出方が違う、アレルギーマーチとは?

アレルギー体質を持っている子供は、年齢と共に症状の出方が変化するという特徴があり、その変化をアレルギーマーチと呼んでいます。小さい頃にアトピー性皮膚炎を発症し、小学生になると気管支喘息へと移行して、更に花粉症やアレルギー性鼻炎へと変化します。

多くの子供は成長と共に治りますが、中には症状がひどかったり、アトピー性皮膚炎と気管支喘息に花粉症と複数の疾患を抱えたりもします。

アトピー性皮膚炎の原因は何?痒みの原因は脊椎にある?

アトピー性皮膚炎は遺伝によるアレルギー体質に加えて、症状を増悪させる要因(増悪要因)が加わることで発症すると考えられていますが、増悪要因は複数存在することが多く、コントロールが簡単ではありません。
アトピー性皮膚炎の増悪要因の例
*乾燥
*汗
*紫外線
*アレルギー物質(ダニ、ホコリ、花粉、食べ物など)
*ウイルス
*ストレス

これらがきっかけとなって、皮膚の炎症がはじまりますが、詳しいことは解明されていないようです。最近の研究で、アトピーの痒みは脊椎にある特定物質「STAT3」というたんぱく質によって活性化されることが発見されています。

脊椎側弯症の手術でアレルギー反応?

脊椎側弯症の外科的手術では、金属を体内に入れ込み、骨と固定することで、脊椎の歪みを正します。そのときに使用する金属によってはアレルギー反応が出てもおかしくありません。金属アレルギーがある人はもちろん、アレルギー体質の人は、手術の前に必ず医師に確認をすることをおすすめします。

最近は金属アレルギーの人でも比較的安全といわれるチタンを用いるそうですが、やはり体内に入れるものですから、医師にきちんと確認したほうが良いでしょう。

脊椎の役割って何だろう?

脊椎は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎と5個の仙椎と尾骨から成り立っています。1本の骨でなく、これだけの骨が連なることで前に体を曲げたり体をひねったりできるわけです。
また、脊椎は真っ直ぐに背中に収まっているのではなく、胸と背中へ軽くカーブをしています(左右に湾曲すると脊椎側弯症ですが、前後にカーブするのは正常です)。そうすることで、体をバランスよく支えることが可能になっているのです。

それだけでなく、脊椎は中に通った神経を守る働きもあります。それら神経は脊髄神経とよばれて、脳から連なり、脊椎の間から体のすみずみへと神経を伸ばしています。ひとつの内臓に関わる神経は1本でなく、ありとあらゆる神経が交差をしています。

脊椎の歪みは神経に影響する?

脊椎の中には脊髄神経が通っていますが、脊椎のすぐ側を並行して走る自律神経もあります。脊椎の周囲には常に神経が入り乱れているというわけです。その脊椎が歪んだ場合、神経に影響がないはずがありません。脊髄神経、自律神経に関係する障害が出てもおかしくないのです

。最近の研究で、自律神経が免疫システムに関与していることが解明されました。自律神経が乱れると、免疫システムも正常に機能しないのです。免疫システムがアレルギーに関係することは、すでに説明しました。

当院では、アトピー性皮膚炎の直接的な施術は行っていませんが、脊椎を正すことで、症状が緩和するケースがしばしばあります。背骨のゆがみをとることが、結果としてアトピー性皮膚炎に効果を示していると考えます。

脊椎の歪みは放置しない方がよい

脊椎側弯症は若い人に多く、症状がないことも1つの特徴です。人間とはそこそこ強くできているもので、少々の不和があっても、他でカバーするようになっています。高血圧がそのよい例です。高血圧が体に悪いことは周知の事実ですが、高血圧そのものには症状がないことが多いことをご存知ですか。

血管も多少のストレスには耐えるようにできているわけです。そういった理由で、高血圧が放置されたり、高血圧に気が付かないことすらあるそうです。長期間、高血圧が放置されると、さすがの体もしんどくなるのでしょう、心筋梗塞や脳梗塞などの怖い病気を引き起こします。背骨の歪みも同しではないでしょうか。大した症状がないからと放っておくのは、体に無理なストレスを長期間かけているのと同じです。

長期間放置され、限界に達した時に、大きな問題を生じたり、不快な症状が現れるかもしれません。原因不明の症状に悩まされていたら、一度背骨が曲がっていないか確かめてみてください。写真を撮ってもらう時に、首を直されたり、肩の位置を指示されたりしませんか?鏡で自分の肩の位置を左右見比べてみましょう。少しずれているようなら、背骨の歪みを直すことで、原因不明の症状も快方に向かうかもしれません。ぜひ一度、ご相談ください。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。