側弯症とアトピー

側弯症とアトピー

側弯症はアトピー性皮膚炎の原因になりうるか?

側弯症とは、背骨を正面から見たときに、まっすぐであるべきなのに、左右に曲がってしまう疾患です。アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症が悪くなったり、良くなったりを繰り返す疾患で、強い痒みが特徴です。

共に詳しく解明されていないことが多く、両方の病気を合併している方も少なからずいらっしゃいます。今回は、側弯症とアトピー性皮膚炎の関連性について考えてみたいと思います。

アトピー性皮膚炎とはアレルギー疾患のひとつ

アレルギーは体の免疫システムに関係して起こります。体内にウイルスや細菌が入ってくると、体はそれらを異物とみなし、抗体を作って、異物から体を守ります。それを免疫システムといい、人は免疫システムが正常に働くおかげで、風邪をひいても、立ち直ることができるわけです。

しかし、体に害のないものにまで、異物として反応してしまうことがあり、その場合をアレルギーと呼びます。アレルギー反応の結果として、体に不要な症状を引き起こします。皮膚に出たものが、アトピー性皮膚炎、気管に出たものを気管支喘息、重症化するとアナフィラキシーというわけです。まれに「IgE症候群」といい、免疫不全の難病で重度のアトピーや側弯になるの場合もあります。

 

年齢によって症状の出方が違う、アレルギーマーチとは?

アレルギー体質を持っている子供は、年齢と共に症状の出方が変化するという特徴があり、その変化をアレルギーマーチと呼んでいます。小さい頃にアトピー性皮膚炎を発症し、小学生になると気管支喘息へと移行して、更に花粉症やアレルギー性鼻炎へと変化します。

多くの子供は成長と共に治りますが、中には症状がひどかったり、アトピー性皮膚炎と気管支喘息に花粉症と複数の疾患を抱えたりもします。

アトピー性皮膚炎の原因は何?痒みの原因は脊椎にある?

アトピー性皮膚炎は遺伝によるアレルギー体質に加えて、症状を増悪させる要因(増悪要因)が加わることで発症すると考えられていますが、増悪要因は複数存在することが多く、コントロールが簡単ではありません。
アトピー性皮膚炎の増悪要因の例
*乾燥
*汗
*紫外線
*アレルギー物質(ダニ、ホコリ、花粉、食べ物など)
*ウイルス
*ストレス

これらがきっかけとなって、皮膚の炎症がはじまりますが、詳しいことは解明されていないようです。最近の研究で、アトピーの痒みは脊椎にある特定物質「STAT3」というたんぱく質によって活性化されることが発見されています。

 

脊椎の役割って何だろう?

脊椎は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎と5個の仙椎と尾骨から成り立っています。1本の骨でなく、これだけの骨が連なることで前に体を曲げたり体をひねったりできるわけです。
また、脊椎は真っ直ぐに背中に収まっているのではなく、胸と背中へ軽くカーブをしています(左右に湾曲すると脊椎側弯症ですが、前後にカーブするのは正常です)。そうすることで、体をバランスよく支えることが可能になっているのです。

それだけでなく、脊椎は中に通った神経を守る働きもあります。それら神経は脊髄神経とよばれて、脳から連なり、脊椎の間から体のすみずみへと神経を伸ばしています。ひとつの内臓に関わる神経は1本でなく、ありとあらゆる神経が交差をしています。

脊椎にゆがみがあるとそれらの内臓への神経伝達に影響がでます。体のはたらきが健全になるためには、まず脊椎の歪みを整えることが大切です

サクシタ療法院では無痛整体によって、そのかたの緊張した筋肉を緩め、緩んだ筋肉を緊張させることによって、体全体のバランスをとり脊椎の歪みを整えます。

からだの歪みが整うと自然と内臓や自律神経の働きも健全になります。あとは自宅で出来る、その方にあわせた体操を指導しています。これで施術と施術との間に、せっかく整えたからだがもとに戻らないように維持していきます。

 

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。