側弯症とダンスとの関係

側弯症とダンスとの関係

側弯症とダンス

側弯症はいろんなスポーツをしたい時にも支障が出てくるように感じますが、側弯症でダンスはできるのでしょうか?
ダンスは今人気にもなっているので、側弯症でも問題なくできるのか気になるところです。

ダンスは側弯症のレベルに応じて可能

ダンスといえば今人気なのはヒップホップだと思います。小学校ではダンスの授業も加わるようになり、習い事でダンスへ通っている子供も増えました。アップテンポな曲に合わせて体を自在に操っているのは動いている自分も気持ちがいいですし、見ている側を喜ばせることもできます。

そんなダンスですが、側弯症の場合には絶対にNGということはありません。側弯症と診断された時点で、どこまで進行しているのかを把握することが大切です。多くの側弯症の場合は学校の検診で発見されます。
その後整形外科で詳しく検査をしてもらい、側弯症の角度を知ることになります。ここで、医師からもアドバイスがあると思いますが、角度が速い速度で進行していればダンスはあまりに激しいものは控えるようにと言われますが、側弯症がひどくなっていない状態では経過観察となり、ダンスもできる範囲でして大丈夫と言われます。

ダンスを続けたいという人は多いと思うので、まずは側弯症のレベルをしっかり調べて理解するようにしましょう。

背骨を動かす動きには要注意

ダンスにはいろんな技があり、名称もついていますが、過激なダンスがNGなだけでなく、背骨を激しく動かすようなダンスもおすすめできません。ダンスは全身を使ってするものです。その中で技によっては、背骨を反ったり曲げたり、普段の日常生活の中では動かさないような動かし方もします。

これによって、側弯症に負担がかかってしまう恐れがあるので、自分がしようしているダンスの動きにどんなものがあるのかしっかり調べておきましょう。激しく背骨を使ったり、背骨部分に体重がかかるような動作は側弯症のときには控えるようにしていきたいです。

側弯症の種類も知ろう

側弯症と診断されるのはその多くが思春期といいます。ちょうどダンスを授業や習い事でやっている頃なのでダンスができなくなるのは辛いと感じてしまう子供もいます。そこで、自分がかかっている側弯症がどんな種類になっているのかを理解しておくことも大切です。側弯症は以下のように種類を分けることができるのです。

・機能性側弯症

まず、1つ目に機能性側弯症があります。日頃の姿勢や生活習慣によって背骨が曲がってしまうものになります。機能性側弯症の場合には単純に歪みが生じているだけなので、日々の生活に気をつけながら過ごしていくことで改善されていきます。

骨盤が斜めになっていたり椎間板ヘルニアによって背骨に歪みが生じていることもあります。何らかの身近な原因が関係して側弯症を起こしている場合が多くなっています。

・構築性側弯症

2つ目に挙げる構築性側弯症は病気になります。脊椎自体に異常があり、姿勢などを改善しても良くならないというのが特徴になっています。その約9割が原因不明となっているので、施術法も明らかになっていないのが現実です。この9割のうちのほとんどが思春期に発症するため思春期突発性側弯症という呼び方もされています。

思春期は骨も成長していっているので、この側弯症の進行も早くなったり遅かったりと差が出てくることが考えられます。初潮を迎えてから2年前後は側弯症が急激に進行する可能性があるので、女の子の場合は様子をよく観察しておかないといけません。
角度がだんだん急になってくると装具をつけるなどの施術も始まっていきますが、手術をするほどにまで進行するのはごく一部と考えてよいでしょう。

このように、側弯症にも2つの種類があるのです。まずはどちらの側弯症なのかを知り、生活の中での注意点を意識しながら過ごしていく必要があります。

整体で体の歪みを定期的にチェックしてもらおう

体の状態が優れないときは思うようにダンスだってできません。これは、他のスポーツについても当てはまることです。そこで、病院では具体的な施術しかないので、整体で体の歪みを補正してもらったり、体が負担に感じている部分を和らげてもらうようにしましょう。

整体では歪みを根本からケアしていくのを基本としているので、側弯症にも良い変化が現れる可能性が高いです。側弯症を悪化させることなく過ごせたら、ダンスにも全力を注ぐことができるようになります。
ダンスは体の動かし方によって衝撃が加わることもあるので、少し違和感があると感じた時点で早めに見てもらうようにしましょう。そして、私生活においては姿勢に気をつけて過ごすようにしていきたいです。勉強やテレビを見ている時の姿勢にも注意してみましょう。また、寝方もアンバランスな体勢で寝ていると負担が大きくなるので、正しい姿勢でしっかりと眠るようにしていきたいです。

側弯症であってもダンスはすることができます。しかし、進行具合によっては休まないといけない時期も出てきます。また、どんな動かし方をするのかというダンスの内容によっても異なってくるので自分がしているダンスの中身も振り返ってみましょう。
側弯症を進行させずに済めばダンスも継続することができます。そのためには、小さなことから意識して改善していけるようにしていきたいですね。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。