側弯症と大人

側弯症と大人

大人になっても側弯症って変化するの?

側弯症は10代の成長期に多いと言われています。その時に側弯症を改善していこうとしないで、ほったらかしにしている人や装具治療を途中でやめる方がいます。そんな場合、大人になっても側弯症からの歪みは変化するのでしょうか?

側弯症からくる歪み、痛みが変化

大人のかたで側弯症のゆがみを整えたいと言って、サクシタ療法院に訪れる方がいます。多くは、こどもの時に発症していながらも、そこまで顕著に症状が現れなかったために大人になるまで気にしなかったパターンと、大人になって初めて側弯症というものを知ったというパターンです。どちらもすでに体が大人に成長しきっているので、こどもの時の側弯症の変化とはまたちょっと内容が変わってきます。これ以外には、事故や打撲、不良姿勢でなる機能性の側弯症などがあります。

こどもの側弯症にくらべ、大人は体がもうしっかり成長を終えているので、それ以上角度が進むことはあまりありません。しかし、加齢により脊柱の彎曲に負担がかかり悪化することがあります。また脊柱が後ろに曲がり、前かがみの体勢になる後弯症を合併することがあります。

大人になってから側弯症からくる歪みを整えたいと、病院にいっても装具療法はおこなわれません。装具(コルセット)は、角度が進むのを抑える働きでつけるからです。ですから、残るは手術になります。しかし、心肺機能に著しい影響を与えるような、よほどの角度でない限り手術を病院では勧められません。

大人で側弯症だと見た目が悪くなったり、骨の形や全身を見た時の姿が変わってしまったらどうしようと不安になってしまいますが、大きく側弯症が進行していない限り心配する必要はありません。しかし、冒頭にも書いたように、側弯症によるからだの歪みを出来るだけ整えたい場合は、サクシタ療法院の無痛整体が最適です。

体の歪みが全くないという人は、きっとほとんどいないと思います。そして、この体の歪みがひどくなると、肩こりや腰痛、体に疲れが溜まりやすいなどといった体調不良も感じるようになります。

このように、体の歪みは私たちの健康全般にも影響します。無痛整体では全身でどこがゆがんでいるかというチェックをおこない、その後施術を始めていきます。そして、痛みを感じることなく施術を受けられるので安心です。

体の歪みは人それぞれ全然違います。一人ひとりの体を独自の検査で、どこがゆがんでいるのか調べます。それに基づき、その人に合った施術方法と体操指導の二本立てで取り組んでいきます。

 

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。