側弯症と学校の検診

側弯症学校の検診

側弯症と学校の側弯症検診

側弯症ってある日急に発見できるものでしょうか?進行が徐々に進んでいくものなので、家族や本人が気づくのは難しいです。そんなときには学校の検診をよく確認しておきましょう。

学校の側弯症検診

学校では特に小学校、中学校で毎年健康診断があります。視力や聴力、身長や体重と一通りの検査はおこなわれますが、検査項目の一つに側弯症の検査も含まれています。側弯症というよりは脊椎の検査が義務付けられています。検査の方法もいくつかあります。たとえば、モアレトポグラフィーであれば背中に縞状の光を当ててチェックしていきます。

見た目だけでなくこのように光を当てて側弯症でないかの検査をおこなっていきます。側弯症の場合は特に10代の女子に多いとされているので、ちょうど学校の健康診断を受けている時期にもなっています。女子の場合は健康診断というだけでちょっと引き気味になってくる時期ではありますが、側弯症についてはしっかりと検診を受けておきましょう。進行してしまうと、大人になってから腰痛などに悩まされるようになります。

側弯症を早期発見できるようになった

少し前から義務化された側弯症の検査ですが、このおかげで側弯症を早期発見できるようになりました。検査をしない限り日常生活で気づくのが難しいです。親と一緒にお風呂に入って背骨のカーブに気づく、姿勢が左右バランスが明らかに取れていないことから側弯症かもと疑うようになるといったように、はっきりと断定できる瞬間がなかなかありません。親と一緒にお風呂に入ることさえも年齢とともに少なくなっていくと思います。勉強机に向かっている姿ですら、中学、高校と進んでいくと自分の部屋で勉強をすると思うのでなかなか我が子の勉強している姿を見ることもありません。

こういった生活スタイルから側弯症の発見が遅れてしまっては困るので、学校の検査が義務化されたことで早く発見できるようになりました。しっかりと専門的な検査をしてもらうと側弯症の度合いについても詳しく知ることができるので、親御さんにとっても側弯症としっかり向き合っていけるでしょう。

健康診断後の流れ

では、学校の健康診断で側弯症と診断された場合、その後どのような流れになるのでしょうか?健康診断で側弯症の恐れがあると診断されたとします。そうすると、次に第2次検査になるべく早く移れるように進めていきます。この第2次検査というのは専門医に見てもらうということになります。

専門医によって細かくレントゲンを撮ってもらうでしょう。そして、このレントゲンの段階で側弯症の恐れがあると判断されたら、神経学的検査やMRI検査などより詳しい検査をおこなっていくことになります。このように詳しい検査をしていって側弯症であるとわかったら、学校側も状況を把握し、適切な対応を取っていくことが求められます。多くの側弯症の場合は施術しなくても経過を見ていくのみで悪化しないと言いますが、中には進行性の側弯症もあります。この場合には、これからどれぐらいのスピードで側弯症が進行していくか医師でも予測することが不可能なので、経過を見ながら対策を取っていく必要があります。

学校の先生も生徒のことを観察しておくべきである

毎年の健康診断で体の状態を詳しくチェックしていくわけですが、健康診断は年に1度なので、それ以外で背中をじっくりと観察する機会はあまりありません。ただし、先生が生徒のことを体調の面でも把握しておくことは大切です。

側弯症は制服を着ていると見た目でははっきりとわかりませんが、水泳の授業のときにはよくわかります。側弯症の疑いがあると診断された生徒については、担任や体育の先生が注意して見ておくようにしましょう。そして、気になることがあったら親御さんに話してみるべきです。早めの対策がいいとされているので、先生たちも生徒の様子を勉強の面だけでなくしっかりと見ていくようにしましょう。

側弯症とわかったら定期検診も受けよう

学校の健康診断で側弯症と診断されたとします。そうすると、専門医に見てもらってくださいという指示が出されます。このペースは早めに進んでいきますが、その後経過観察と言われた場合にも、定期検診を忘れないようにしましょう。半年に1度か1年に一度しっかりと検査をしてもらいましょう。自分ではわからない点もあります。
やはり専門医に見てもらった方が側弯症がどれぐらい進行しているのかという点についても詳しく聞くことができます。長期の休みのときなどを利用して、詳しい検査を受けるようにしましょう。その上で生活も気をつけながら過ごしていくと、側弯症を悪化させずに済みます。定期検診は本当に大切です。他の病気についても早めの発見がカギと言われています。側弯症についても早めに知って事前に悪化するのを防げるようにしていきましょう。

学校では側弯症の検査も最近はしっかりとおこなわれているんですね。昔よりは側弯症を早く発見できるようになりましたが、それでも悪化させないためには検診をしっかりと受けること、医師から言われたことに気をつけながら日々を過ごすようにしていきましょう。特に側弯症を発症しやすいと言われている10代女子については、特に体の変化には注意しておきましょう。体が子供から大人へと変わっていく過程でも、いろんな変化が訪れます。

 

更新日2016年4月18日(月)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。