側弯症と靴の関係歩き方にも注意

側弯症と靴の関係

側弯症と靴

側弯症だとついつい日頃の姿勢や体の動かし方に注意がいきますが、実は足元の靴もかなり重要と言われています。合っていない靴を履くのは足に悪いと言いますが、それだけでなく側弯症などの症状にも支障が出てくるようになります。そこで、側弯症と靴の関係についてご紹介しましょう。

おしゃれな靴は危険な場合もある

側弯症は特に10代の女子に多い症状と言われています。しかし、最近の女子は昔と比べると大人びていて、おしゃれに目覚めるのも早いです。子供でもヒールの高い靴を履いているの見かけますよね。見た目は可愛くて惹かれますが、足にはあまりよくありません。

特に側弯症の場合には、全体重がかかってくる足元をしっかりと安定させておかないといけません。そんな時に、厚底の靴やミュールのようなサンダル、ヒールの高い靴、片方だけ磨り減った靴などは体にも悪いですし、側弯症にもよくありません。ヒールの高い靴やミュールのように細いピンヒールで歩くと側弯症でない人であっても歩きにくかったり、長時間履いていると足が疲れてきます。

体重を支えようと必死になっているんですね。特にヒールが高いということはつま先へ力がかかっていることになるので、そうなると姿勢は自然と猫背のように前に体重がかかってきます。そして、片方だけ磨り減っているということは歩き方が正しくできていないということも示しており、側弯症の時にこのような状態の靴を履いているとさらにアンバランスを悪化させることになってしまいます。

厚底は底全体が数センチ高くなってしまうため、その分不安定にもなりやすく側弯症で両足の長さに少し違いが出ているときなどにはおすすめできません。見た目可愛い靴ばかりを履いていると肝心の足がしっかり機能できない中、歩いていることになるのでこれでは負担が大きくなるばかりとなってしまいます。

おしゃれな靴はたくさんお店に並んでいますし、どれも魅力的に感じますが側弯症の人はバランスが上手に保てないとうっかりこけてしまったり逆効果となってしまう場合があるので細心の注意が必要になってきます。

側弯症の時におすすめな靴

では、側弯症の時におすすめとされている靴にはどんなものがあるのでしょうか?まず、ヒールは低めのものがいいでしょう。そして、ヒールは多少あってもいいですが、1センチ~3センチくらいが一番体に負担になりにくいです。そして、いくらヒールの高さがこのように低い靴であっても、細く不安定なものはよくないので、できるならヒールがしっかりと靴を支える芯になってくれるような靴を選ぶといいでしょう。

長時間歩いても疲れにくいのは、やはりスニーカーでしょう。最近は女子もよくスニーカーを履いていますし、見た目も可愛いデザインがたくさんありますよね。スニーカーはヒールなどほとんどないので、長時間歩くようなときでも安心です。足裏の全体をしっかり使って歩ける靴のタイプになるので、そういった靴が側弯症の時にはおすすめです。10代女子に多いということで、学校に行く生活だと思うので学校指定のスニーカーや運動靴で自分に合うものを見つけられるといいと思います。

靴を履いて歩いている時の姿勢も意識してみよう

靴が無事解決したらどこに行くのも快適になるわけですが、靴を履いて歩いている時の姿勢にも意識できるようになると、より側弯症を改善でいるようになるでしょう。側弯症になると自分では気づかないうちに体が曲がっていたり、姿勢が悪くなってしまっていたりといったことがあります。家族がいるのなら家族に歩き方を見てもらうのもいいでしょう。こどもの歩き方を親がちゃんとチェックしてあげるのも義務といえますね。

側弯症と診断されても、その後の生活の状態や靴の選び方によっても進行は変わってきます。側弯症だとついつい猫背になってしまうことが多いのですが、猫背は見た目も良くないのでできる限り気をつけて治していくようにしないと、ずっと定着したままではせっかくのおしゃれも楽しめません。

そして、スマホを片手に歩いている人も画面についつい釘付けになっていると、姿勢は悪くなるばかりです。手元に何かを持ちながら歩くのであれば、目と読み物の距離を少し開けるようにすると側弯症の負担も少なくなります。

姿勢から靴選びまでと側弯症をひどくさせないためにも、しっかりと正しく体にいいものを身につけるようにすると側弯症も悪化するようなことはあまり起きません。

側弯症はただ背中の歪みをケアしていくだけでなく、周りの生活環境が大きく関係しています。その中で私たちの歩くという行為をともにしてくれるのは靴です。可愛らしい見た目のものを選びたくなりますが、ここは側弯症を改善していくためにも足にいい靴を選んでみましょう。

靴をこだわって選ぶと履き心地も全然違います。そうすれば歩く時も苦痛に感じずに済み、快適に毎日を送れるようになるでしょう。

 

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。