側弯症は身長が止まるまで

側弯症身長が止まるまでが勝負

側弯症は身長が止まるまでが大事

 側弯症に関しては最近では学校の健康診断でも検査をおこなわれるほど注目されていますが、一番体が成長する10代で発症するため、より気を付けないといけません。特に、側弯症は身長が止まるまでが勝負と言われています。これは、一体どういうことなのでしょうか?

なぜ身長が止まるまでが勝負なのか

 身長がぐんぐん伸びている時というのは、骨も成長していっている時期になります。1年に10センチや20センチ近く身長が伸びるという子供もいます。身長だけが伸びて骨はそのままということはありません。骨もどんどん成長していっているために、身長も伸びていくんです。
 身長がある程度安定するまでには側弯症も進行の速度には個人差があるとはいえ、進んでいると考えられます。身長が伸びているときに側弯症も同じように少しずつ進んでいき、思うように身長が伸びなかったという人もいます。

 こういったことから、側弯症においては身長が止まるまでが勝負と言われているんです。身長が伸びているときに日頃の姿勢などに気をつけておかないと、成長期にあたる時期にうまく成長できないために、平均より背が低いという結果になってしまう場合もあります。

身長が伸びている時に注意すべきこと

 身長が伸びている時期において、側弯症も急激に進行する恐れがあります。つまりは、カーブ具合が急角度になっていくことも考えられます。そこで、身長が伸びているなと思うときには、こんなことに注意してみましょう。
 まずは、整形外科を受診してレントゲンなどの検査をして側弯症の進行具合を見てもらいましょう。この検診は数ヶ月おきに定期的に受診することをおすすめします。特に身長が伸びている時期にはまめに行くようにしましょう。検査で見ると、側弯症のレベルもよくわかるので、医師からのアドバイスも受けられますし、生活も改善していこうという気持ちを持てるでしょう。
 そして、日常生活においてですが、無理に器具をつけることはよくありません。これでは完全に固定してしまうことになるので、せっかく伸びようとしている身長を止めてしまうことになります。よって、器具の装着はおすすめできません。無理に何かをつけて矯正するというのではなく、身長も伸びているけれど側弯症がひどくならないように姿勢に注意してみましょう。いつの間にか猫背になっているなんてこともよくあります。特に思春期の頃は勉強だけでなく、本やゲームといったように何かに長時間集中することもあるでしょう。そんな時にも姿勢には気をつけておこなうようにしましょう。
 また、側弯症だからとじっているのではなく、積極的に身体を動かしていきましょう。学校の体育も参加して構いませんし、部活動にも入ってみましょう。身体を動かすことで身長も伸びていきますし、猫背になって長時間座っているという状態を避けることもできます。

 側弯症で身長が伸びているときには、姿勢に気をつけて、運動は積極的にしていって大丈夫なんですね。

側弯症がひどくなると身長が縮んでしまう?

 一番体が成長する時に発症してしまう側弯症ですが、あまりに進行が早かったり見た目からしてどんどんカーブがきつくなっていくと、身長が縮んでしまうとも言われています。そのため、側弯症が進行しつつあると診断された場合にはそれ以上悪化させないように意識していかないといけません。

 身長が伸びようとしているときに、側弯症でカーブが進んでしまうと身長は思うように伸びてくれません。この思春期の時期というと、自分でも身長が伸びているのを実感できるときでもあります。人生で一番大きく成長するときでもあるので、ここでうまく身長を伸ばしていくためには側弯症はネックになってきてしまいます。進行が遅いようであれば経過を観察する程度で大丈夫ですが、側弯症も進んできていて同時に身長も伸びているということならば側弯症をひどくさせないようにしていくことが大切です。

成長期の側弯症、整体は大丈夫?

 成長期に発症しやすい側弯症ですが、なんとか進行を食い止めたいと考えている親御さんも多いでしょう。そこで、病院での施術というよりは整体の方が痛みもなく施術を受けられるのではと思うことでしょう。
 確かに整体ではできるだけ痛みを感じないように施術をおこなっていきます。ただ、ちょうど成長期にあたる時期にあまりいろいろと手を加えて施術はしないほうがいいと考えています。確かに施術後は体が楽になりますが、一時的なものであって体が成長しようとしている動きに対して無理に力を加えることはおすすめできません。特に、身長が伸びているときにはより整体を受けるのは気をつけましょう。身長が一旦落ち着いたというときには受けてもらって構いません。急激に成長している時期は外すようにしましょう。

 

側弯症は成長期に発症するという特徴を持っています。ほとんどの場合が原因不明と言われているので、側弯症を未然に防ぐというのはなかなか難しいです。そこで、側弯症だと診断されてしまった場合にも適切な対応を取れるように、身長との関係などについての知識も持っておくといいでしょう。親御さんだけでなく子供自身も側弯症について知っておくことが大切と言えるでしょう。特に今ちょうど10代女子であるという方は側弯症という症状について少しでも知っておくといいでしょう。

 

更新日2016年4月18日(月)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。