側弯症・左右の足の長短差が減ります

側弯症、足の長短

側弯症から足の長さに長短が現れる?

無痛整体独自の検査法で側弯症の方を観察していると、背骨が曲がることから骨盤がゆがみ、下半身にも影響しているのがわかります。それにより、足の長さに長短が出てくるのです。

左右で長さが異なると、足にかかる負担もバランスが悪くなり、歩き方にちょっとした違いが出てくるようになります。

そのまま歩いていると、こんどは骨盤にも悪影響をおよぼします。これが悪循環をおこして、どんどんバランスが悪くなっていってしまうのです。

 

無痛整体で骨盤の歪みを改善していくのがポイント

側弯症からくる歪みに加えて、さらに日頃の体の使い方の偏りも影響して、骨盤に歪みが大きくなる可能性が高いので、自分でできるケアには限界があります。

サクシタ療法院では無痛整体により、体のバランスを調整します。すると背骨や骨盤の歪みが整うので、足の長短が次第に均等になっていきます。歩くときもバランスよく歩けるようになり、良い循環が出来ていきます。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。