側弯症腰椎変性の方、あきらめないで!

腰椎変性側弯症も変化します

腰椎変性側弯症

側弯症というと種類は1つでよく思春期頃に発症する骨のトラブルという印象が強いでしょう。しかし、側弯症にも種類があり、その1つに腰椎変性側弯症というものがあります。

腰椎変性側弯症は成人になってから発症する

側弯症は思春期の女子に特に多いと言われています。体の成長と共に徐々に改善される場合もあれば、進行が早く手術に至ることもあります。基本的に側弯症は原因がわかっていない場合が多くいものです。

しかし、腰椎変性側弯症は少し違います。成人になってから発症する側弯症なのです。成人における側弯症については、この腰椎変性側弯症である場合がかなり多くなっています。脊椎だけでなく腰椎にまで異常が見られます。成人の中でも加齢によって生じやすい症状なので、20代や30代の若い人よりも50代、60代といった年代の人の方がなりやすいです。

腰椎変性側弯症ってどんな病気?

成人になってから多いといわれている腰椎変性側弯症、一体どんな病気なのでしょうか?

腰椎変性側弯症を発症する仕組みは、加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性して、腰椎が左右に曲がったりずれたりするものです。

加齢と共に体が老化し、負担がかかってきていることも原因の1つと言えるでしょう。腰椎の中には椎体と呼ばれる部位があるのですが、椎体はいくつかが積み重なってバランスを保っています。しかし、このバランスが左右で崩れてくることで、側弯してくるのです。

また、腰椎変性側弯症の場合には、脊柱管狭窄症を合併することが多いので注意が必要です。特に高齢者については、脊柱が少し曲がっているのはよくあることですが、進行が早くどんどん曲がっていくようであれば、体のバランスを取るのも難しくなり、体の節々に痛みが生じるようになります。

さらに通常の側弯症とは異なり、症状が出やすくなっています。腰椎という点からも腰痛や下肢痛に悩まされる人が多いです。年齢を重ねてからの体の痛みは、行動するのも億劫になるので厄介です。

腰椎変性側弯症の症状とは

腰椎変性側弯症になると、具体的にはどのような症状が出てくるのでしょうか?

主な症状としては腰や背中に痛みが出てきます。じっとしている時に痛みを感じたり、いつもと違う動きをしたとき、またいつもどおり過ごしていても痛みを感じることがあります。年齢を重ねてからの腰や背中の痛みは大きな負担になるので、辛く感じます。

また、これ以外に下半身の痛み、しびれ、筋力の低下などがあります。腰を中心に下半身が弱っていくのが特徴的です。この中で初期症状として現れるのが腰痛です。最初、腰痛から始まるので、まさか腰椎変性側弯症と思わずに過ごしている人も多いのです。

さらにしびれなども出てくると病院に行って検査を受け、腰椎変性側弯症と判明するパターンが多いです。

腰椎変性側弯症によって歩くのが辛くなったり、立ち上がる、寝転ぶといった動作1つ1つにおいて痛みを感じるようになります。

からだの歪みを整える

腰椎変性側弯症は側弯症の中でも大人になってから発症するものであり、年齢を重ねてから起きることが多いので改善していくのが大変です。

腰椎変性側弯症の症状の1つに左右の足の長さが異なるという点があります。これは、脊柱や骨盤に歪みが生じているからと考えられます。病院ではコルセットなどの器具を使って補正していくか、ひどくなると手術という流れになります。

サクシタ療法院では、無痛整体の視点から体のゆがみがひどくなった結果、腰椎に負担がかかっていると考えます。ですから、無痛整体により筋肉のバランスを調整することで、体全体のゆがみが整い、その結果で変性した腰椎への負担が軽減していくのです。

まずは体の歪みを改善していくことで、腰椎変性側弯症から生じている腰痛や下半身の痛み、しびれも良い変化が期待できます。日々の生活の中でケアできる方法はないかと探している時には、サクシタ療法院でからだの歪みを整えてみてください。

 

側弯症あきらめないで!

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。