側弯症 ぶら下がり健康器具は合わない

側弯症ぶら下がり健康器具は合わない

側弯症とぶら下がり健康器

側弯症という症状は若い頃に発症しやすいと言われ成長期の体を阻害してしまうので、親としてもなんとかしてあげたいと思うものです。でも、正しい対策をしないと側弯症はよくなっていきません。では、ぶら下がり健康器って効果はどうなのでしょうか?

ぶら下がり健康器とは?

ぶら下がり健康器とは、言葉の通りなのですが1970年代に流行した器具にもなっています。当時はどこの家庭にもあると言えるほど定番の器具であり、気軽にぶら下がって背筋やコリをのばすという目的もありました。

そのぶら下がり健康器は、見た目は高い鉄棒のようになっており、それに両手でぶら下がるだけというとても簡単なものです。体をグーンと伸ばすことができるので、パソコン作業などでずっと机に向かっているようなときは、ぶら下がり健康器を使うことでリラックスできるとも言います。

 

側湾症にはおすすめできません!

側弯症を、自宅でぶら下がり健康器にぶら下がっていても改善することができるのでしょうか?まず、ぶら下がり健康器が適応するのは左右の体のバランスが均等なことです。それで普通にぶら下がると筋肉もバランスよく伸ばしていくことができます。

しかし、側弯症でぶら下がり健康器を使用した場合、左右のバランスを悪化させてしまう可能性もあります。伸びていない部分は伸ばしていいのですが、すでに伸びてしまっている部分もさらに伸ばすことになります。つまり、側弯症でバランスを改善していかなければいけないのに、さらにアンバランスを増長させてしまいます。

良いと思ってしていることが逆効果となってしまうようでは、せっかくぶら下がり健康器を購入しても活用できません。側弯症の場合は、第一にバランスを均等にしていくことが大事であって、アンバランスに導いていくような動作はしないようにしましょう。

からだの歪みを整えることが先決!!

側弯症は体の歪みのケアをしていくことが第一と無痛療法では考えています。

ここからぶら下がり健康器は、側弯症の時には使用しないほうがいいとみなさんに伝えています。

筋肉は目に見えませんが、側弯症の場合は偏った動き方になっているので、それをさらに進行させることだけはしないようにすることが大事です。

サクシタ療法院の無痛整体においては、まず側弯症のレベルや歪みを中心に見ていき、さらに日頃の姿勢、動作にも注意しましょうと伝えています。無痛整体で筋肉の歪みを改善していくことは可能です。

しかし、普段の生活で姿勢が悪いとまた元に戻ってしまいます。そこで、歪みを検査したうえで、その方に沿った「側弯バランス体操」を指導しています。それを自宅で実践していただきます。側弯症の改善を図っていくのなら、私生活にも目を向けることが大切です。

ぶら下がり健康器に頼るのではなく、体のバランスを均等にしていくために姿勢や歪みのケアをしていくといいでしょう。

 

 

側弯症あきらめないで!

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。