側弯症 外傷性も体は変化します。

側弯症外傷性も変化します。

側弯症と外傷性について

側弯症のほとんどは原因が明らかになっていないと言われています。思春期の頃にいきなり発症して、それ以降徐々に改善されていくこともあれば希にひどくなるということもあります。

そこで、側弯症の中でも外傷性について今回は解説していきたいと思います。

 外傷性の側弯症に関係している病気

側弯症の中でも原因がわかっているものの中にこの外傷性の側弯症が当てはまります。この外傷性側弯症は、マルファン症候群や脊柱にできた腫瘍によって起こるものとなっています。ここでは、まずマルファン症候群と脊柱の腫瘍について詳しく見ていきます。

・マルファン症候群とは

マルファン症候群は遺伝性の疾患と言われており、細胞と細胞、組織と組織をつなぐ結合部分に異常が見られる症状となっています。マルファン症候群は骨格や眼、心臓血管などに異常が見られるケースが多いです。

マルファン症候群でどのような症状が出てくるかには個人差があるのですが、70%以上が親からの遺伝と考えられています。残りの約30%は突然変異によって起きると言われています。

骨格に異常が出てくることから側弯症と診断されるケースも多くなっています。脊柱が正常な位置に来ないために側弯症としてカーブも出てくるのです。マルファン症候群の中で骨格に異常が出てくると側弯症になる確率も高くなると思って良いでしょう。

未だにマルファン症候群と側弯症の関係は明らかになっていない部分が多いのですが、1つの特徴としてマルファン症候群から側弯症になる場合に出血量が多くなるという点が挙げられます。

そして、突発性側弯症と比較すると急速に症状が進行していくので、経過観察をすることができません。病院に行くと早急に手術という判断を行う医師もいます。さらに、マルファン症候群からの側弯症は体幹の変形や呼吸機能の低下、腰や背中の痛みなど症状もいろいろと出てきやすいです。

さらに、骨がもろくなりやすいので脊柱も曲がっていく中、体には負担が大きくなっていくのです。マルファン症候群からの側弯症は症状の進行が速いということを理解して、過信せずに向き合っていかないといけません。

・脊柱の腫瘍からの外傷性側弯症とは

外傷性側弯症はマルファン症候群以外に脊柱の腫瘍からも発展していくことがあります。腫瘍は全身どこにでもできる可能性がありますが、たまたま脊柱にできてしまった場合に側弯症へと進展していくことがあるので注意したいです。

これは脊柱に腫瘍ができることで、脊柱が変形していくからです。多くの側弯症の原因が明らかになっていない中、外傷性側弯症においては脊柱の腫瘍と原因がはっきりしていることもあるのです。

よって、脊柱に腫瘍ができたと診断された人は側弯症へと進まないように腫瘍を取り除いていく必要があります。また、腫瘍の大きさや状態も病院できちんと検査を受けないといけません。

腫瘍が大きくなってしまってからは手術も難しくなり、側弯症も進行していく可能性が高いので早い発見にこしたことはないのです。

このように、外傷性側弯症においてはマルファン症候群と脊柱の腫瘍からなるものが多いのです。

外傷性側弯症の対策とは

側弯症が外傷性のものであるとき、実際にはどのような対策をしていけば良いのでしょうか?病気が原因で側弯症になっている場合には、まずは病気を根本から治していかないといけません。

そのためには病院で詳しい検査を受けて病気の状態を把握しないといけません。その上で医師がどのような判断をするかきちんと話を聞きましょう。外傷性側弯症の場合には整体などに通って体を補正していっても病気が改善しないことには変化が見られません。

側弯症の多くは整体で歪みをケアしたり装具をつけるなどの対策を取って進行を止めることができますが、外傷性側弯症の場合には原因が病気からとなっているので、その病気を完治していかないと意味がないのです。

そして、小さな子供において外傷性側弯症が発症すると原因となっている病気の改善にプラス側弯症の症状も改善していかないといけないので小さな体には負担が大きくなっていきます。

病気の容態を親がきちんと理解して完治に向けて一緒に頑張っていかないといけない大切な時期になるのです。病気がなぜやってくるのかは誰にもわかりません。しかし、病気にかかってしまったからにはできるだけ早く改善できるように対策を取っていくべきです。

病気の内容を理解しどのような症状が現れるのかという知識を深めながら、正しい対策を取っていかないといけないのです。まれな病気も含まれるので、正しく知って対処していくことが求められるのです。

側弯症にはいくつかの種類に分けることができますが、その1つには外傷性側弯症と言われるものもあるのですね。外傷性ということで原因が明らかになっている側弯症にはなりますが、施術が難しい場合もあるので側弯症の進行についても注意して見ておく必要があります。

外傷性側弯症は子供だけでなく大人にも起こりうる症状です。その原因をまずはしっかり突き止めるために病院での詳しい検査をおすすめします。その後、どのような過程で病気のケアをしていくのか、側弯症を進行させないためには日々の生活で姿勢に気をつけるなどを意識していけると良いでしょう。

側弯症あきらめないで!

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。