側湾症角度54°病院に行く前に

高校1年生の女の子です。
小学生の側湾症検査で再検査になり、病院に行って経過観察をしていました。
中学1年生まで行っていたがその時に角度が54°あったそうです。
それからは病院にはぜんぜん行かずに自分で体操などをして良くしようと思っていたみたいです。
お母さんが久しぶりに背中を見たら、前よりも膨らみが大きくなっているのに気付きあわてて
いろいろ調べ、インターネットでサクシタ療法院の整体院を知り来院。
無痛整体の独自の検査をしたところ、たぶん54°よりも悪化していると見て必ず病院に行くように勧めました。
お母さんも病院に行くつもりだったが、その前に何とかならないかと思い来院されたそうです。
私の考えは、必ず病院と併用しながら施術をしています。
見た目・姿・形は良くなりますが、どうしても脊柱の中までは見れないのでレントゲンを撮らないとわかりません。
表面の形を整えると内面の結果も良い方向にいく方が多いです。
脊柱側湾症の場合は1回2回施術をしたからといってすぐに変化はありません。
通院しながら途中で体操などをやってもらいながら、その方に応じて指導をしたものをやってもらいながら期間を見ながら変化を見ていきます。
1回で答えを出してほしいというのは無理です。
お気持ちはわかりますが。
病院に行かないでほったらかしにしている方がいますが、小学生・中学生・高校生と身長が伸びている間は脊柱の角度も大きくなる可能性があるので学生の間は必ず病院に行ってください。
そのほうが安心ですよ。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。