吹奏楽部(金管楽器)

側弯症と金管楽器

側弯症であっても吹奏楽部で金管楽器をして大丈夫?

 学生の部活といえば吹奏楽部も定番ですよね。吹奏楽部にはいろんな種類の楽器があり、自分が担当するものも異なってくると思いますが、楽器によっては体への負担がかかるものもあります。

そこで、今回は楽器を金管楽器に限定して、側弯症との関係を探ってみましょう。
側弯症でも金管楽器をいつもと変わらず演奏していいのでしょうか?

金管楽器の紹介

 金管楽器と聞いて具体的にどんな楽器があるの?という人もいるかもしれないので、まずは金管楽器の紹介からしていきましょう。
金という言葉が入っていることからも想像できるように、金属でできた楽器ということになります。

その金管楽器に当てはまるのは、トランペットやトロンボーン、ホルンあたりが吹奏楽部でも扱う楽器になっています。
オーケストラを見ていてもよく目立つ楽器たちになりますね。

木管楽器が銀色になっているのに対し、金管楽器は金色というのも特徴的になっています。
金管楽器は木管楽器と同様息を深く吹き込むことできれいな音色を出してくれるので、呼吸も大事になってくる楽器です。

側弯症と金管楽器

 吹奏楽部で金管楽器の担当をしている、でも実は側弯症だという人もいるでしょう。
側弯症は10代の子供に多い症状なので、どうしても悩みを抱えている男子や女子はいると思います。

そして、思いっきり吹奏楽部で金管楽器を演奏したいと思っていても側弯症と関係がないのか、しても大丈夫なのか気になるところでしょう。

まず、側弯症の場合でも金管楽器を演奏して構いません。いつもどおりしても大丈夫です。
よって、せっかくの部活動もきちんと参加することができます。

ただ、気を付けないといけないのが姿勢です。
金管楽器を吹いているとき椅子に座っていることが多いと思いますが、楽器の音を出すことに集中するために姿勢に力が入り固まってしまうことが多いです。

もし、この時によくない姿勢であれば側弯症に負担をかけてしまうことになるんです。
特に金管楽器を演奏する場合には、肩に力が入ることが多いでしょう。トランペットであれば両手でトランペットを支えて演奏していきますが、両肩は緊張した状態になっています。

トランペット以外の楽器の場合にも肩に力が入っていることは事実ですね。
この肩に力が入りすぎることが側弯症に圧力をかけてしまうことになります。
そこで、たまにはリラックスすることも大事になってきます。
演奏の最中は気を抜くことはできませんが、休憩の時にはしっかりリラックスするようにしましょう。

体を伸ばしたり、肩に力を入れないようにゆったりと過ごすことが必要になってくるんです。このように休憩を適度に挟みながら金管楽器を演奏する分には側弯症であっても問題にはなりません。

肩こりを日頃から改善しておこう

 側弯症で左右のバランスが悪くなっていく中で、症状としてひどい肩こりも挙げられます。この肩こりはひどくなると頭痛や吐き気も起こすので改善出来る時にしておかないと、ずっと引きずることになってしまいます。

さらに、吹奏楽部で金管楽器を担当し肩に力が入ったままになると肩こりを悪化させてしまうことにもなるので注意が必要となっているんです。
そこで、肩こりを日頃から改善しておくことをおすすめします。自分でできる肩こりの解消法もあれば整体に行ってほぐしてもらう方法もあります。今回は、自分で肩こりを改善できる簡単な方法を少し紹介したいと思います。

・あぐらをかいて座り、両手は体の後ろにつくようにします。
次に頭を後ろに反らしていきながら肩甲骨を寄せるようにします。これが、一連の流れになります。
いつでも簡単にできるストレッチになり、肩甲骨のあたりが伸びてすっきりします。胸を開くことで肩こりが予防されるわけですね。

さらには猫背などの姿勢の悪さにも効果的と言われているので、このストレッチを日課にすることで肩こりを予防することができるので、側弯症であっても快適に金管楽器を演奏することができます。

・このストレッチは日頃から何気なくしているものかもしれません。両手を合わせて上に押し上げるようにします。後ろにより伸ばせるようにすると効果的ですね。朝起きて伸びをするといった体勢と似ています。
演奏の合間の休憩にもすることができるでしょう。

また、両手を組んで後ろに回し、下にできるだけ伸ばしていくようにします。
その後上に伸ばしていきます。ここで無理をしないように伸ばすようにしましょう。無理をすると逆に傷めてしまうことになります。

このようなストレッチは簡単にできて肩こりがすっきりするので、ぜひ習慣にして実践してみましょう。
それでもなかなか改善できないという場合には整体に行って自分の悩みの症状を相談してみましょう。

金管楽器を吹いている中で肩がこってしまうと続けるのが難しくなるのでひどくならないうちに適度に肩をほぐしておくことが大切ですね。
そうすれば、側弯症でも症状を悪化させることなく快適に金管楽器を演奏することができるでしょう。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。