小学5年生の女の子、再検査で異常なしと言われました。

小学校5年生の女の子が学校の脊柱側弯症の検査で再検査になり、ご両親が慌ててどこか良くしてくれるいい所がないかとインターネットで調べて来院されました。

独自の検査をすると逆S字の側弯症で、前かがみになって背中を見ると右の肩甲骨の下あたりに膨らみがあり、左の腰の上あたりにも膨らみがありました。

典型的な逆S字の形をしていました。

1回の施術後で形に変化があり何回か施術をしたら良くなるのを確信しました。

3回目と4回目に、ご自宅でも出来るように体操を指導しました。

真面目に毎日体操をしていたのと、再検査まで日にちがあまりなかったので短期集中で施術回数を重ねていったら見た目・姿・形が良くなりました。

前かがみになって背中の凹凸を見てもほとんど左右差が分からないぐらいになりました。

ご両親と来院されていたので毎回施術後の変化を一緒に見ていました。

その結果、再検査では異常なしと言われました。

ご本人もそうですがご両親が大変喜んでいらっしゃいました。

まだまだこれから身長も伸び、ここで安心するのは早いので今はひと月に1回でいいのでメンテナンスのための来院をお勧めしました。

これから中学生になり体つきも変わってくるので本当はこれからが一番心配の時期になります。

でも、ここまで良くなったので体操とたまに施術を受けたら大丈夫です。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。