機能性側弯症は早期発見早期施術が大事

機能性側弯症とは

側湾症 機能性側弯とは違います

側弯症はよく思春期の女子に発症しやすい症状であり、多くの場合が原因がわからないといわれています。
ただ側弯症と診断されて経過を見るという流れが多いですが、側弯症にも種類があること、自分はどのタイプの側弯症かという点についてはきちんと知っておく必要があるでしょう。

側弯症の種類

側弯症には種類があり、大きく分けると構築性側弯症と機能性側弯症とに分かれます。機能性側弯症は一時的に起こるものであり、姿勢の悪さや筋肉の発育不良、肥満や椎間板ヘルニアなどから起きるといわれています。一時的に起きる側弯症となっているので、脊椎にまでねじれが生じることはあまりありません。

しかし、一方の構築性側弯症になると脊椎を構成している骨自体に異変が生じてきます。この骨に異変が起きる理由はほとんどの場合が原因がわからないといわれています。よっ

て、構築性側弯症の中でも突発性側弯症と呼ばれているのです。この突発性側弯症は特に10代の女子に多い症状となっています。ちょうど成長期に当たる時期に発症するものなので、成長とともに側弯症も進行していく可能性が高いので、様子をじっくり見ていかないといけません。

この突発性側弯症は発症する時期によって呼び方が変わっているのもポイントです。乳幼児期に発症したら乳幼児側弯症、学童期であれば学童期側弯症、思春期であれば思春期側弯症といったように少しずつ異なってきます。

原因がわかっているといわれている側弯症に比べると構築性側弯症の中で多い突発性側弯症については原因が明らかになっていません。その一方で原因がはっきりしている側弯症もあります。生まれつき脊椎に異常がある先天性側弯症、ポリオなどによって起きるマヒ性側弯症、脳やせき髄異常による神経原性側湾症、筋肉の異常からきちんとした姿勢を保てなくなる筋原性側湾症などがあります。

このように側弯症にはさまざまな種類があるのです。どのタイプの側弯症を発症するかによって表れてくる症状も異なってきますが、中でも多いのが構築性側弯症の中の突発性側弯症ということになっているのです。

どんな人が構築性側弯症になりやすい?

側弯症と診断されるとこの先の進行スピードについても不安を感じるようになってしまいますが、ではそもそもどんな人が構築性側弯症になりやすいのでしょうか?多くの場合が10代の成長期の女子にみられるわけですが、その中の構築性側弯症については特に女子や肥満体型の子供に多く発症するといわれています。

10代というと成長期ということもあり、体がどんどん大きくなっていきます。女子の場合はより女性らしい体つきに変わっていく時期に当たり、初潮を迎える子供も多いです。そして、よりふっくらとした体型に変わっていきます。
この中で、肥満体型であれば運動不足になったり動きが正常よりも鈍くなることで、日々の姿勢などの影響が出てきます。よって、肥満体型であればさらに構築性側弯症になる確率が上がるということになるのです。

思春期の女の子がいらっしゃるご家庭では、娘の姿勢が悪くなっていないか、体の左右のバランスが違って見えるようなときがないか、親がたまに見てあげるようにできたらいいでしょう。子供自身では気づかずに過ごしていることも多いです。いつの間にか癖になって定着してしまっていたら、なおさら自分で気づくことは難しいでしょう。

構築性側弯症を防いでいくためにできること

構築性側弯症の多くが突発性側弯症といってなぜ起きるのかわからない側弯症となっていますが、日ごろから予防していくことはできるのでしょうか?

まずは、肥満体型の子供がなりやすいといわれているので、肥満にならないようにするのがポイントです。子供は代謝がいいので活発に運動をして体を動かしていると肥満にならずに済むでしょう。そして、食事についても高カロリーなものばかりではなく栄養バランスのとれた食事を食べることが大切です。

特に、カルシウムやビタミンDの不足によって側弯症を発症するのではという意見もあります。どちらも骨の成長には欠かせない栄養素ですが、これらが不足することで脊椎に異常が出てくることがあるのです。食べたものが体の成長に直結するので、この時期の食事には特に注意していきたいです。

また、肥満体型を予防していくことに加えて、突発性側弯症については遺伝も関係しているのではと考えられています。そこで、兄弟や家族に側弯症の人がいないかという確認もしてみましょう。もし発症している人がいたら、側弯症になる確率も上がってくることになります。

また、ホルモンバランスの異常も関係しているのではと考えられているので、ホルモンバランスを整えるために規則正しい健康的な生活を送ることも大切です。成長期をいかに過ごすかによって体のつくりが左右されるので、側弯症にならないようにするためにも毎日の生活が重要といえます。

機能性側弯症とは違い構築性側弯症の場合はほとんどの場合が原因が明らかになっていません。しかし、いくつか考えられる要因もあるので、それらを参考に構築性側弯症の改善をしていきたいですね。さらに、発症しないように生活でも気を付けることが大切です。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。