脊柱側湾症24度が20度に良くなった例です。

脊柱側弯症の中学1年生の女の子です。

背骨の角度が24度あり、これ以上悪化するとコルセットをはめることになると病院の方で言われたそうです。

そこで、慌ててどこかいい所がないかとHPで探されて埼玉の方から来院されました。

側弯症の角度は一番多い逆S字のパターンでした。

小・中・高生の側弯症は、痛いとかしびれるとか症状を訴える方は少ないのですが、この方は、辛い肩こり症状もありました。

無痛整体は、表面の姿・形・見た目が良くなってくるので、歪みが取れてくると症状は消えていきます。

この方も、見た目が良くなってきたら肩こりは消えました。

それに伴って、全体的に形が良くなってきたので、施術前は24度あったのが今度の検査では20度まで減っていました。

お母さんが大変喜んでいらっしゃいました。もちろんご本人も喜んでいました。

後は、定期的に施術を受けて、自宅では側弯症の体操を頑張ったら変化し続けていくと思います。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。