陸上部

側弯症と陸上部

側弯症と陸上部

 部活動の定番にも入る陸上部。グランドで頑張って走っている姿を放課後の学校では見かけますが、みなさんそれぞれ自分が得意とする種目が違っていて、陸上部の中でもいろんな動きをしています。ただ走るだけが陸上部ではないんですね。では、側弯症の症状を抱えている時に、陸上部の中のいろんな種目、どれをしても体には問題ないのでしょうか?

種目ごとに側弯症への影響を見てみよう

 陸上部と一言にいって種目はいくつかに分かれてきます。そこで、中学校で主に扱う種目を順に挙げていきながら、側弯症への影響も考えていきたいと思います。

・短距離走
陸上部といえば思い浮かべるのがグランドを走っている風景でしょう。その定番とも言えるのが短距離走になります。短距離については200メートルや400メートルといったように走る距離を単位で分けてそれぞれ練習をしているでしょう。短い距離で勝負が決まるので、瞬発力も求められますね。
そんな短距離走の時にはスタートダッシュが最も重要とされていますが、側弯症で骨格が曲がっていると遅れを出すことになってしまいます。骨盤矯正で歪みを治していくことで改善されれば問題なく短距離走でも活躍していけると言われていますが、側弯症のレベルが進んでいってしまうと短距離走が厳しくなることもあります。体の骨が元の位置に戻ることで短距離走で勝負をするときにも問題なく挑戦することができるでしょう。

・長距離走
短距離走の次に待っているのが長距離走になります。短距離と比べると3キロや5キロといった距離を走るようになるので、走り続けている時間が長くなってきます。持久力も必要になってきますね。そんな長距離走のときは側弯症だとどのようなことが起きるのかというと、長距離走の時に注意したいことが、長く足を使って走ることで腰に負担がかかっているということです。側弯症では腰痛で悩まされることもありますが、陸上部で長距離走をしたいと思った時に、腰への負担が懸念されます。長く走っていることで腰にも披疲労が溜まっていくので、側弯症が進行しているときには様子を見ながら少しずつ走るようにしてみましょう。

・ハードル
続いて、陸上部といえばハードルもありますよね。ハードルについては短距離走のように走る力だけではなく、足を使ってハードルを飛び越える力も必要になってきます。この飛び越えるときってきっと利き足を使うと思いますが、利き足ばかり使っていては側弯症を改善できません。側弯症については左右のバランスを均等にしていくことが課題となっているので、ハードルをしていて片方に偏っていかないようにしないといけません。
利き足を使うのが当然の世界ですが、練習のときはもう片方の足も使ってやってみたり、休憩を挟みながら長時間ハードルを跳んでいるということはしないようにしましょう。

・リレー
陸上部ではリレーもあります。リレーといえば個人ではなく団体戦になります。そして、リレーで欠かせないのがバトンです。次の人に順にバトンを手渡していくことでリレーとなっていきますよね。このバトンを渡すときに思いっきり片方の腕を伸ばして渡したいと思うことがあるでしょう。ここで、伸ばしすぎないようにしながら腕を上手に使っていきましょう。片方だけバランスが崩れていくという側弯症ならではの特徴に陥ってしまうことがあります。
また、走っている時は短距離走などと同じように問題ありませんが、側弯症になっているがために動きにくかったり思うようなタイムが出ないということが起きるかもしれません。一人ではできないリレーなので、周りのメンバーにも側弯症ということを理解してもらっておいた方が安心ですね。

・跳躍
陸上部ではただ走るだけでなく跳ぶという行為もあります。種目としては走り高跳びや棒高跳びなどがあります。走る時もただ勢いに任せるのではなく、テンポよく走って最終的なところへ持っていかないと棒であったらうまく飛び越えることができません。棒高跳びについては道具を使っておこなう種目となっており、助走していきながら棒を地面に突き立ててバーを飛び越えないといけません。
跳躍については体を柔らかくして上手に障害を飛び越えなければいけないんです。この時に体をひねったりすることもよくあります。体の歪みを改善していかなければいけない側弯症のなか、偏って体をひねってしまうとそれがさらに癖となって定着してしまいます。よって、力を入れて飛び越える時の体の使い方をしっかり意識していくことが大事です。一瞬で腰をひねったりしてしまうこともあるので自分の頭の中でしっかりイメージすることも大切ですね。

・駅伝やマラソン
長距離走とはまたちょっと違ったものに、駅伝やマラソンがあります。陸上部で活躍している子供であれば、地域が開催しているマラソンなどに参加するという話もよくあるでしょう。学校生活とは離れて、地域のイベントという感じにもなっていますね。駅伝については長距離走にはなりますが、単独で動くものではありません。リレーを長距離版にしたように、ある程度の距離を走った上で相手にタスキをつないでいかないといけません。
そして、マラソンについては42.195キロを走る種目になります。これはフルマラソンの距離になりますが、ハーフマラソンといって半分の距離のマラソンもあります。マラソンも学校の部活とは離れて市民と一緒に走るものになっています。

駅伝やマラソンについても走っている最中にどんなトラブルが起きるかわかりません。特に走っているときは足を使うだけでなく全身を使って体を動かしています。そして、全身を支えているのは体の軸となる背骨ですよね。この背骨を中心に側弯症ならではの特徴が出てくると走っていても思うように速く走ることができない、スタートがうまくできない、タスキを渡す時にうまくいかないといったように、ところどころで悩みが出てくるようになります。

中でも気をつけたいのはハードルや跳躍

 側弯症の時に絶対に運動はダメとはよほどの角度で手術が必要と言われない限り、していいよと言われます。といっても運動にも体の動かし方がさまざまです。たとえば、陸上部でみると短距離走などについてはただ走るのみですが、ハードルは走るプラス飛び越えるという動作が出てきます。また、跳躍についても走って行って体をひねって障害を飛び越えるという種目になっているので、ただ走るだけでは終わりません。

そこで、側弯症だと診断されて自覚症状もあるときはハードルや跳躍をする際には注意するようにしましょう。一瞬で腰をひねって腰痛や肩を壊すなど、体にトラブルを招いてしまうことだってあります。日頃準備運動をしっかりしていても起きるときは起きてしまいます。そうならないためには自分がどんな動きをすればいいのかイメージトレーニングをして、慎重に動くことが大切ですね。体を思いっきりひねろうとする動作で側弯症を悪化させてしまう場合もあるので、自分の体の様子をしっかり見ておきましょう。

自分の体のケアも丁寧に

 陸上部ではいろんな動きがあるために怪我などのトラブルもつきものとなっています。部活動においては他のテニスやサッカーなどについても同じことが当てはまりますが、陸上部については種目もいくつかあるために、体の使い方が少しずつ違っています。
 そこで、陸上部で活躍されている中高生のみなさんには、もっと自分の体を大切にケアしてもらいたいと思います。なんとも思っていないことでも、後々になって悩むことになるというケースもあります。特に陸上部では日々体を激しく動かしていると思うので、体のケアは念入りにしてもらいたいと思います。痛むところはないか、側弯症は進行していないかといったことを自分なりに鏡を見たり状態をチェックするのもいいですし、それでもわからない場合には整体を頼ってみてください。整体では全身の歪みなどをまずは丁寧にチェックさせていただくので、側弯症からくる症状を改善することにもつながると信じています。

実際に当療法院についても部活動で日々使っている体でかつ側弯症という方はいらっしゃいます。人それぞれ症状が異なってきますが、体の歪んでしまっている部分をしっかり元の位置に戻していくだけでも今まで悩んでいた症状が改善できたと喜ばれる人が多いです。陸上部でずっと頑張って走って行きたいと思っているのなら、側弯症のことも忘れずにちゃんと向き合っていくことが必要ですね。

大事なのは体が歪まないように動くこと

 難しいことですが側弯症をできるだけ自力で改善していこうと思うと、日々の生活にある程度気をつけていかないと意味がありません。そこで、大事になってくるのが体を歪まないように動くことです。といっても漠然としていてわかりにくいのですが、知らず知らずのうちに自分が持っている癖や部活動での体の偏った動かし方にはよく注意してみましょう。
陸上部であれば、先にも紹介しましたが種目ごとに体の動かし方が違っています。それを偏らないようにしていかないといけないので、左右の肩の高さや背骨の歪みなどを悪化させてしまうことになります。

一番怖いのが長年の生活によって定着してしまっている癖ですね。走り方についても人それぞれ癖ってあると思います。それを意識して動いていくことで、側弯症であっても陸上部で活動していけるでしょう。どんな動きをしているのか、部活をしながら考えてみるといいかもしれませんね。
そして、部活が休みの時の合間には整体に通ってみるのもいいでしょう。体のメンテナンスをしてくれるので、部活動などで溜まっている疲労を解消することもできます。整体を上手に活用してみてくださいね。そうすれば、陸上部でも長く活躍していくことができるでしょう。自分の望んでいる種目を陸上部でできるように側弯症のこともしっかり知っていくようにしましょう。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。