院長の言葉集(月別アーカイブ)

2017年3月

今日も嬉しい報告がありました。
中学3年生の時に来院されて病院の検査で背骨の角度が良くなっていました。身長もほぼ止まっていたので1年後に検査と言われて3月に検査を受けたら無事に病院の検査は終了しました。サクシタ療法院も終了しました。大変喜んでいました。

今日も嬉しい報告がありました。中学1年生側弯症女子です。
施術前は病院の検査で背骨角度が46度あったのが施術後は41.9度まで良くなっていました。
約4度も変化しました。お母さんから喜びのお電話をいただきました。

側弯症で腰痛の方がいます。
背骨の角度が腰椎の上の方で曲がっているか下の方で曲がっているかで症状の度合いが違ってきます。
症状が辛い場合は早めに施術を受けたほうがいいですよ。

中学1年生の女子が病院の検査3週間前に来院され日にちがあんまりないので今回の検査より次回の検査を目指してやっていきましょうとお話をしました。
側弯症体操と体幹運動を頑張っていただいたらいままで進んでいたのが今回の検査は2度も良くなっており次回の検査が楽しみです。

今、春休みなので側弯症検査を受ける方が多いです。
今日は5名から病院の検査結果の報告を受けました。全員良くなっていました。
その中のお一人、高校1年生の女子は背骨の角度が27度から22度まで良くなりました。
5度も変化しました。

来月から中学生になる方へ。
側弯症の方の場合は運動が大事になるので部活は運動部に入った方がいいですよ。
経験上運動部、文化部では背骨の変化率は差が出てきます。

側弯症で背骨の角度が大きいと病院で手術を勧められると思います。
手術をする前に一度、無痛整体の施術を受けてみてはどうでしょうか?
変化する可能性もありますよ。

側弯症方は自宅で出来る側弯症体操を指導をしていました。。
新たに施術や体操の効果が維持できるように体幹運動も指導をしています。
見た目・姿・形が変化します。

側弯症から斜頸になった方が来院されました。
おおもとの背骨の曲がりを変化させると土台がしっかりしてくるので首の曲がりも今の状態よりは変化します。
なんでもそうですがおおもとを変化させると身体は変わります。

側弯症のお姉さんが来院している弟さんが姿勢が悪いので診てほしいと言われて診ると身体全体がいろいろ曲がっていました。
念のために病院をすすめました。
サクシタ療法院では2人に1人の割合で身内の方で側弯症の方がいます。
早期発見、早期施術が大事です。

2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月