施術内容

側弯症の改善を考えている方

痛くない整体から考える側弯症の施術

無痛整体は体の歪み、筋肉のアンバランスを整え、体全体のバランスを良くしていくものです。 例えば脊柱側弯症の方の背中を見ると…(想像図)

左右の側弯症(脊柱・脊椎)

背骨がS字に曲がった体です。 背骨が曲がると、骨格には筋肉が着いているので筋肉もアンバランスになり、見た目・姿・形が歪んできます。 その筋肉のアンバランスを、手足を使った反射操作をすることで、調整します。その結果、体全体の歪みが整っていく整体です。 施術中は全くの無痛なので安心・安全です。

側弯症の施術内容

  • 無痛整体は筋肉の反射を利用して、曲がっているものを元の位置に戻す方法です。
  • 協同筋(主動筋と協同して動く筋肉)拮抗筋(主動筋と反対の動きをする筋肉)などの筋肉の作用を利用しています。
  • 主動筋、補助筋などを使い分けて操作していきます。
  • 例えば右の上腕二頭筋が緊張していると右の上腕三頭筋は緩んでいます。対側の左の上腕二頭筋は緩んでいて、左の上腕三頭筋は緊張しています。このような筋肉の作用を利用して緊張している所は緩めて、緩んでいる所は緊張させてバランスをとります。
  • 筋肉の作用を考慮して、軌道・角度なども利用しています。
  • 呼吸も利用していきます。呼気・吸気の作用に基づき、軽く手足を操作します。
  • 揉んだり、叩いたり、ボキボキバキバキ音をさせるなどの強い刺激はしません。背骨も触りません。ですからお子さんから高齢者の方まで、安心して側弯症の施術を受けられます。