スキー・スノボ

側弯症とスキー、スノボー

側弯症とスキー

 スキーといえばウィンタースポーツの定番でもあり、毎年楽しんでいる人も多いでしょう。冬しかできないスポーツなので、その分楽しみも倍増ですよね。でも、側弯症だという人はスキーをするときにちょっと注意もしておかないといけません。

スキーの時はしりもちに気をつけて!

 スキーというスポーツ自体、側弯症の時にしても問題ないものとなっています。基本的なスポーツはたいていは問題なくこなすことができると思うので、スキーについても同じように満喫することはできます。でも、スキーの時ってずっと上手に板に乗ってできるわけではありません。スキー場には相手もたくさんいますし、自分は気をつけていても相手からぶつかってくるというケースもあります。

この時にしりもちに気をつけてもらいたいと思います。ぶつかると当然こけてしまう流れになりますが、しりもちをつくことだってあります。このしりもちをつくと尾骨に衝撃が加わるので、背骨からつながってきている部分への負担も大きくなってしまいます。ここから、側弯症にはよくないと言われているんですね。

雪の上で柔らかいところであればしりもちをついた衝撃もそこまで強くはありませんが、アイスバーンなどでは氷にお尻をつくことになるので、雪とはまた違ってきます。下が固いところではしりもちをつかないようにスキーをするように心がけないといけませんね。ただ、先にも述べたように相手があるので、スキーをする際には周りにも気をつけておこなうようにしないといけません。

側弯症の症状である冷えからも身を守ろう

 スキーといえば雪がないとできません。雪があるということは寒い場所ということになりますね。スキー場があるのも寒いところなので、スキーウェアといったしっかり防寒できるものを着込んでスキーに行く人は多いでしょう。寒さや怪我から守るためにもしっかりとスキーの装備をしておくことは大事ですね。

そこで、側弯症の症状の1つに冷えもあるので、スキーをすることで体を冷やしてしまわないように注意してみましょう。温かい格好をしてスキーをしているとは思いますが、ずっと外で滑りっぱなしではなく、たまには休憩をしながら楽しむようにしましょう。特に、側弯症で悩むのは女子が多いですが、女子に多いのが冷え性でもあります。

足先や手先が冷たくなってしまい、日常生活の中でも支障に感じることって多いです。スキーをしていてさらに冷えを悪化させては側弯症にも良くないので、冷えないように温かい格好をしてスキー場に行くようにしましょう。

体のバランスを上手に使いながらスキーをしてみよう

 スキーといえば左右の足に板をつけて、ストックを左右の手に持って滑っていくわけですが、左右のバランスを上手に保ちながらスキーをすることも大事です。いざ滑っている最中といえば滑るのに夢中でバランスについてゆっくり考えている暇はありませんが、側弯症の時には左右のバランスを均等に保っていくことが大切なので、意識できるときにはしてみることです。

ただ、スキーについては左右に均等に装具をつけているので適度にバランスは保たれています。その中で変わった動きをしたり、つい体をひねってしまったといったことが起きないように注意することが大事になってきます。いつもと違う動きをすることで足だけでなく腰や背骨に影響が及ぶ場合もあるので、体の使い方はちゃんとしていかないといけませんね。

スキーは側弯症の時として大丈夫なスポーツ

 スキーは見た目が高い斜面から滑り降りてくるので激しいスポーツのように見えますが、板とストックを匠に使って滑ってくるわけで、体同士がぶつかるなどといったものではありません。側弯症のときには体がぶつかる柔道系のスポーツが良くないとされています。なので、スキーについては大丈夫と言われているんです。
 ただ、側弯症の症状が顕著に出てきていたり、角度が上がってくるということであれば加減はしないといけません。悪化させてしまっては意味がないので、しっかり体と相談しながらできる範囲でスキーをしていくようにしましょう。禁止されているスポーツではありませんが、側弯症の様子を見てやることが大事ですね。

肩こりや腰痛がひどいのにスキーをしては余計にひどくさせてしまうのと同じです。側弯症の症状が出てきていると感じたら、あっさりとスキーをやめて体調を優先するようにしてみましょう。
そして、側弯症がひどくなっていないかのチェックをするために、専門家に見てもらうことも大事ですね。素人判断ではわからないことも多々あると思うので。

自分にできることは、日頃の体調チェックをしっかりすること、あまりに激しい運動は控えることとなっています。あとは、左右のバランスが均等になるように生活の中で気をつけていくようにしてみるといいでしょう。

スキーが大好きという人も多いですが、側弯症になるともうできないのかなと悲しくなってしまうことでしょう。ただ、禁止というわけではないので様子を見ながらしていくようにしてみましょう。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。