側弯症だけどアイドルになれる?

側弯症とアイドル

側弯症でもアイドルになれる?

今では数多くのアイドルが日々誕生しています。またその予備軍として、特に10代前半の女の子たちがアイドルを夢見ているでしょう。

実際にアイドルになっている子供たちを見ても、10代が圧倒的に多くなっています。では、アイドルになりたいという時に側弯症であっても大丈夫なのでしょうか?

側弯症のレベルによって異なる現状

側弯症は人によって症状の出方や進行具合が異なってきます。側弯症の場合には、このように進んでいきますと言い切ることができません。

そこで、軽度の側弯症と診断された場合には、それ以上ひどくならないように生活を送るのみです。しかし、これが進行して見た目で明らかにわかるようになると、アイドルとしてやっていくには不利な場合があります。

見るからに背骨が曲がっている場合には、アイドルの場合服装や活動にも支障が出ることになります。アイドルは一般人とは違う服装も多く、魅せる力が必要になってきます。そんな時に側弯症による歪みが大きいと不利になりがちです。

 

ゆがみを整えアイドルの道を歩む

それでもアイドルになりたいという夢を諦められない人は多いでしょう。女の子にとっては魅力的な世界に映っていることは事実です。そこで、側弯症だからといって諦めなければいけないというわけではないので、まずは病院で側弯症の検診を必ず定期的に受けて、自分の状況を把握しておくことが大切です。

さらに、経過観察中でとくに治療を開始していない方、あるいは装具療法をはじめている方も受けられるのが、サクシタ療法院の無痛整体です。これは側弯症をからだのゆがみの視点からとらえます。施術で筋肉のバランスをとり、自然のコルセットの働きを持たせていきます。それによりゆがみが整うのです。

背骨は一切触らずに、手足をつかったきわめて軽い動きで、神経反射をおこし、筋肉の働きを調整しますので安心・安全です。

そうです、からだのゆがみを整えることが、アイドルへの道を歩む第一歩にもなるのです。

 

 

 

 

 

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。