側弯症とバックの持ち方の関係

 側弯症とバック

側弯症の時にはバッグの持ち方にも注意?!

みなさん出かけるときは何かしらバッグを持っていきますよね。バッグにもハンドバッグやショルダーバッグ、リュックサックなどと種類がありますが、中高生といった10代が学校に行く時に持っていくタイプのバッグといえば、肩がけのショルダーバッグが多いイメージがあるでしょう。

でも、毎日何気なく使っているバッグでもしかしたら側弯症を悪化させてしまうかもしれません。

側弯症とバッグの話

側弯症は10代に主に発症することが多いと言われている症状です。そこで、日々の生活をどう過ごすかによっても側弯症の状態は変わってきます。そんな中、毎日学校に行くのに持っていく規定のバッグが負担になっているケースが多いんです。中学生や高校生というと勉強する科目もたくさんありますし、その分教科書の量も多くなってきます。となると、毎日のバッグの中身にはたくさんの本がはいることになるので、かなり重たくなってしまいます。それを歩いて持っていくか、自転車に乗って持っていくかだと思うので、結構な負担がかかっていることは事実です。

バッグの種類が肩がけのショルダーバッグである場合、重たいものが左右に偏ってくることになります。これが、側弯症の時には注意が必要となっているんです。ずっと偏った状態でバッグを肩からかけていることで、ただでさえバランスを失っている体をさらにアンバランスにしてしまうことになります。そして、左にかけるか右にかけるかというのはいつもの日常の中で決まってくると思います。自分の使いやすい方でバッグをかけてしまいがちですが、ちょっと交互にかけるようにするなどを意識してみましょう。そのようにバランスよく持つようにすると側弯症で起きている歪みを悪化させないで済みます。

実際に、この学校で指定されているバッグ、肩がけからリュックサックタイプのバッグに変更したところもあるそうです。これは、側弯症になる子供が多いということも関係しているようですね。それぐらい、バッグの片方に偏った持ち方は側弯症によくない影響を与えてしまうということが問題視されているんです。

どんなバッグが側弯症の時にはベスト?

バッグは学校で指定されている以外に、自分が好みのものをお店で買う場合も多いでしょう。デザインや形などこだわって選びたいという若い子も多いわけですが、私服の時のバッグについても知らず知らずのうちに側弯症に影響を与えていることがあります。たとえば、女子であればポシェットのようにショルダーバッグをもって歩いている姿をよく見かけます。

そこで、バッグについてはリュックサックがおすすめです。女子でリュックサック派の子はあまりいないかもしれませんが、リュックサックであれば両肩に同じように負荷がかかるのでバランスを保つことができます。女子向けの可愛らしいデザインのリュックサックも見かけるので、側弯症がひどいというときはバッグをちょっと変えてみると違うでしょう。バッグまで制限されるのが辛いようにも感じてしまいますが、側弯症を悪化させないためにもできるところで意識していきたいですね。

バッグを変えるだけで側弯症を改善できると活発に活動できる

10代の子供というと外で活発に体を動かしているイメージがありますよね。小学生であれば外遊び、中学生や高校生であればそれぞれ専門のスポーツを部活動として日々していることでしょう。そんな運動全般が側弯症を改善することで、今までより活発にできるようになるんです。

実際に側弯症の場合は運動をしてもいいと言われていても、いざ始めてみるとみんなと同じように活発にはしにくいという問題にぶつかります。そして、左右のバランスを均等にしていかないといけないので、スポーツによってはバランスを偏らせてしまうこともあるので注意が必要です。

それでも、日頃からバッグは肩がけをやめてリュックサックにするなど対応をしていることで、部活動についてもみんなと同じように活発にできるようになります。日々の生活の姿勢や寝方などでも側弯症は変わっていくのでいい方向に変えていくためにも、生活の中で気をつけるべきことを守っていくといいでしょう。

 専門家に側弯症をチェックしてもらうことも大切

最初にちょっと体が歪んできていると実感し行くのは整形外科が多いでしょう。病院に行くとレントゲンを取って側弯症であるかどうかを見極めてくれます。ただ、それを改善していこうとすると、器具を使ってといったように生活の中で苦労することが多いです。

そこで、整体でボディケアをしてもらうことをおすすめします。そうすれば、痛いところをはっきりと伝えていけますし、自分の側弯症のレベルや体全体がどれだけゆがんでいるかということについても知ることができます。整体に行って気になることを伝えてみるのもいいでしょう。その前に、バッグについては両肩にバランスよくなるようにリュックサックタイプにしておくと安心ですね。

側弯症は持つバッグとの関係も深いことがわかりましたね。10代のみなさんは今自分が持っているバッグを一度振り返ってみてくださいね。

ご興味がある方は側弯症専門の整体院へ

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。