側弯症と右凸

側弯症右凸

側弯症からくる右凸って一体どんなこと?

 側弯症というと体の中心である脊柱が曲がっていき、その他の部位にも支障をきたすというイメージがありますが、実はその中でも発症しやすい部位や特徴が異なっています。側弯症は原因も明らかになっていませんし、人それぞれ症状も違うので一概には言えないのですが、今回は側弯症でもっとも多い症状である右凸について考えてみたいと思います。

側弯症の右凸ってどういうもの?

 さっそく側弯症の右凸について見ていきましょう。図をみると一目瞭然なわけですが、ここでは言葉で紹介していきます。凸ということで右側が出っ張る、出てくるという意味になります。この右側にも肩や胸や部位が分かれてきますが、人によって右凸になる部位は異なってきます。個人差があるものなので、これは言い切ることができません。

しかし、その中でも多いとされているのが肩甲骨あたりがもり凸になるケースが多いんです。肩甲骨をみると右側が明らかに突き出ているために見た目のバランスが悪く見えてしまうんですね。背中を正面にみると右側に骨が曲がってきていることもレントゲンで確認することができます。

そのために、肩甲骨あたりにも支障が出てくるんですね。この右凸って側弯症でとても多い症状なんです。左凸よりも右凸になる人の方が多いとされています。そのため、右凸の方が整体などでは症例を多く見ているので改善しやすいという言い方もされています。

右凸を改善していくためにどんな施術をするの?

 では、この側弯症の症状で多い右凸はどんなふうに改善していくことができるのでしょうか?整体での施術において見ていきましょう。まずは、初めて整体に行くということであれば、体全体のバランスを見ていきます。右凸になっているのは肩甲骨あたりだけか、胸にまで影響は出ているか、そこからどんな症状で悩まされているかというヒアリングもおこなってくれます。
 腰痛がひどい、肩こりがいつまでも治らないと長年不調で悩んでいる人は結構多いです。もっと早く整体に行っていればよかったと思う人も多いといいます。

そこで、整体では丁寧にその人の体の状態を見ていき、右凸のケアをしていきます。当療法院では右凸の方が左凸よりも早く改善させることができると考えています。実際に右凸で訪れる方も多いので、症例も多く見てきていることが関係しているでしょう。

そこで、当療法院では肩甲骨をほぐしていくこともおこなっていきます。自分ではケアができないので整体に通うことで今までの不調を改善していくことが可能になっています。また、姿勢についても助言させていただきます。

側弯症だったり右凸だったりと症状が出てくるようになると、姿勢もいつの間にか悪いものになってしまいます。特に多いのが猫背です。そういった姿勢についても日頃どんなふうに過ごしていけばいいかアドバイスをさせていただいています。整体に通いながら自分でも姿勢や生活を気をつけることで右凸を改善させていくことができるのです。

右凸にならないように注意すべきこと

 整体でも右凸が治るようにしっかり施術はおこなっていきますが、やはりそれだけではいけません。自身の生活についても意識していくことで、さらに早く右凸をよくしていくことができます。
 まず、第一に姿勢をしっかり意識することが大事です。特に側弯症を発症するのは10代の女子が多いと言われていますが、この時期というのは勉強に励むため机に向かう時間も多いです。

そうなると長時間癖のある姿勢をしてしまうこともあります。そのために、普段の姿勢も気をつけるようにしたいんです。整体でも最近姿勢が悪くなっているといったことを教えてくれるので、日頃の生活の中でも意識してみましょう。

また、右側ばかりに偏るようなことはしないことも大事です。ショルダーバッグを右ばかりにかけたり、重いものを右の腕を使って長時間持ち続けるなどといった負担をかけるようなことをしないように注意しましょう。右ばかり使っていると右凸を悪化させてしまうことになります。

装具をつけるのは最終手段と考えよう

 側弯症は装具をつけて矯正していくというイメージがありますが、誰しもが側弯症とわかってすぐにつけ始めるわけではありません。むしろ、最近では装具をつけることの方が少なくなってきたように感じます。10代の女子がずっと装具をつけておくわけにもいかないということもあるでしょう。学校生活でも支障が出てきますよね。
 そこで、装具についてはいくつか種類もありますが最終手段として考えてみるといいでしょう。そろそろ使った方がいいかなというときに自宅にいるときに主につけるようにするなど、できるだけ負担のないようにします。

逆効果となっては意味がないので、様子を見ながら装具はなかなか側弯症が改善しない場合に用いると考えるようにしましょう。

側弯症の右凸で悩む人は多いです。そして、肩甲骨というよく目立つ部位で右凸が出てくるケースが多いので、それを改善していくためには上手に整体を利用して生活の中で改善できることをしてみましょう。意識するだけでも症状は良くなっていくものです。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。