側弯症と左凸

側弯症左凸

側弯症では左凸になるケースもあるので注意しよう

 側弯症というと肩甲骨あたりが出てくる右凸が症状としては多いのですが、左凸のケースもゼロではありません。そこで、今回は側弯症の左凸の場合について見ていきたいと思います。

側弯症 左凸の特徴とは

 側弯症は10代の思春期に多い症状ということについてはよく知られていると思いますが、実はそれよりも小さな段階でも側弯症になることがあります。原因はどちらにしてもあきらかになっていないので、施術方法も試行錯誤しながら続けていくことになりますが、3歳未満で生じる側弯症については男児が多く、左凸になるケースがあると言われています。

この幼児の時期に側弯症になると急速に症状が進むことも考えられるので、慎重にケアをしていかないといけません。
そして、側弯症の左凸の特徴としては右凸とは反対の左に出てくるということになります。左の肩甲骨あたりが出てくることがあります。右よりは症例が少ない左凸ですが、どちらになってしまうかはわからないので、その時に臨機応変に施術をしていくことになります。

肩甲骨あたりということで前からはわからなくても後ろから見た時に肩甲骨の部分に左右違いがあることがわかるようになります。これが進んでいくと早めに対処する必要が出てきます。

病院ではレントゲンを取るとすぐに左凸か右凸かを知ることができるので、病院で見てもらってから次にどんなふうに側弯症を改善していくか考えてみるといいでしょう。

左凸の時に気をつけた方がいいこと

 側弯症で左凸とわかった場合には何か気をつけた方がいいことってあるのでしょうか?どんどん突き出てくるのを防ぐためにも生活の中で意識できることはしていきたいですよね。
 そこで、荷物を長時間持つ時やその荷物が重い時には注意しましょう。左利きの人であれば左でいろんなものを持つと思いますが、偏った持ち方をすると左凸に影響を与える可能性も出てくるので、右側で持つようにもするなどを心がけてみましょう。

ちょっとしたことを変えてみるだけでも、左凸を少しずつではありますが解消していくことができるでしょう。

また、日頃の姿勢にも注意してみましょう。テレビを見ているときやゲームをしているとき、勉強のために机に向かっているときなど、しばらく同じ姿勢でじーっとしている時にはどんな姿勢になっているか振り返ってみましょう。左右バランスの取れた正しい姿勢をするようにしてみるだけでも、側弯症を悪化させないで済むでしょう。

整体でも左凸を相談してみよう

 側弯症を手術をせずに器具をつけずにどうにか徐々に改善させていきたいと思っている人は多いです。そこで、整体という手段を選ぶ人も増えています。整体では実際に多くの側弯症の方がいらっしゃるので、さまざまな症例を見ることができるためそれに合わせて施術もおこなっていくことができます。
 側弯症には左凸と右凸とがありますが、右凸の場合の方が多く施術ケースもあるというのが事実ですが左凸についても施術をおこなっています。数少ない左凸ですが、当療法院では右凸の方も含めて施術を実施しています。

ただ、左凸の場合は少し改善に時間がかかると思われます。右凸よりも時間がかかると思っていただいてもいいでしょう。そのため、じっくりと時間を取って向き合えるようにしていかないといけません。
よって、左凸の場合の方が整体に通ってもらう回数も増えてくる可能性が高いです。その都度合った施術をおこなっていきますが、時間がかかるということを覚えておいてもらえたらと思います。

症状が少し進行していても当療法院では痛くない施術を心がけているので、お子様でも安心して通っていただけるでしょう。痛いと感じた時にはすぐに伝えてもらうことで、よりソフトな施術をおこなっていくことができます。

体の歪みを改善していくことで側弯症左凸も改善できる

 当療法院では側弯症を改善させていくために、体の歪みをケアしていくことが大事と考えています。そこで、左凸である場合にもまずは体がどれぐらいゆがんでいるかということを調べていきます。そして、根本的な歪みを施術していくことで側弯症も左凸についても良くなっていくと考えられます。
 そこで、自分ではなかなか気づくことができない体の歪みについてまずは当療法院をご利用いただければと思います。特に、背中側というと本人はなかなかじっくりと観察する機会がないので、ぜひ整体を利用してみてください。

どんな些細なことであってもご相談いただければ最善を尽くすようにいたします。悩みを抱えているままでは側弯症を改善させていくことはできません。いずれきれいに元の正しい状態に戻っていくためにも、今感じていることを正直に伝えてみましょう。

側弯症でも左凸や右凸がありますが、左凸についても徐々に改善させていくことができるので諦めないで一緒に頑張っていきましょう。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。