側弯症と歩き方

側弯症歩き方

側弯症:お子さまの歩き方に注意!

脊椎側弯症についてポイントをおさらい

まずは、脊椎側弯症がどのような病気であるか簡単に説明します。背骨を正面又は後ろから見た場合、まっすぐに見えるのが正常な背骨です。何らかの原因で左右に歪んでしまう病気が脊椎側弯症です。背骨を横から見たときには、自然なカーブラインがありますが、正面か背面から見た場合は、カーブなく、まっすぐに見えるのが正常です。後ろから見て、背骨がS字やC字に曲がっているように感じたら、脊椎側弯症かもしれません。とはいっても、背骨を見ただけでは分かりにくいものですね。歩き方に癖はありませんか?座った時に一方に傾きませんか?まっすぐに立って、両肩の位置、肩甲骨、腰のくびれに左右のずれがないかを確認しましょう。子供、特に女の子に多く(男の子にも起こります)、およそ8割の脊椎側弯症の原因は明らかにされていません。家族に脊椎側弯症の人がいると、発症することが多いことから、遺伝子が関係していると考えられ、現在研究が進められています。早期の発見が施術の成功へのカギとされていますが、痛みなどの自覚症状が殆どないことから、なかなか早期の施術に結びつかないことが問題です。

医療機関と当店の施術の並行のススメ

医療機関では背骨の曲がり具合や年齢などを考慮して施術内容が決定されます。医療機関によって行われる主な施術は、「経過観察」「装具の着用」「手術」の3つです。装具の着用や手術は脊椎側弯症に効果のある施術法ではありますが、全ての人が対象になるわけではありません。早期発見が施術成功のカギであるにも関わらず、曲がり具合が小さいからと経過観察する場合が少なくないことが残念です。脊骨の曲がり具合が進んだ段階で、装具の着用となるわけですが、入浴時以外は着用しなければならない装具とは、多感な時期の子供にとって、簡単ではありません。経過観察と言われた場合も、楽観視せずに(悲観視する必要は全くありませんよ)、当店での施術の並行をおススメします。整形外科で経過観察をしながら当店の施術を受けていただくと、効果の様子もよくわかると思います。装具の着用もそうですが、できるだけ手術を避けたいと思うのが親心でしょう。ご気軽にご相談ください。

小さい子供は歩き方で発見することも

脊椎側弯症をもって生まれてくる赤ちゃんは非常にまれです。ほとんどは成長の過程で少しずつ背骨が曲がっていくのです。10歳から15歳ごろに脊椎側弯症だと診断されることが一番多く、小さいうちに見つかれば見つかるほど進行が早いと言われています。したがって、脊椎側弯症を疑った場合は、すぐに専門家に診てもらうことが一番です。しかし、小さいお子さんが、症状が殆どない側弯症に自分で気が付くことは難しいです。そういう時に役に立つのが、お母さんやお父さんの日頃の観察力です。子供は、何かがおかしくても上手に表現できないこともよくあるので、保護者の方のちょっとした気づきが子供の脊椎側弯症の早期発見につながることがあります。まずは、歩き方に注意をしてみてください。歩き方がぎこちなかったり、前かがみになったり、歩くときに背中を真っ直ぐに保てない時は注意が必要です。また歩いているとよくつまずく、いつも同じ方向に傾いて座るといったことがみられたら、一度専門家を尋ねたほうが良いかもしれません。

脊椎側弯症と診断されたら、施術はすぐに始めよう。

レントゲン写真は、脊椎側弯症の診断に、また施術を決定するうえでの大切な判断材料となります。骨がどのように曲がり、どれくらい曲がっているのかが分かるからです。お子さんの歩き方の異変に気が付いた場合は、一度レントゲン撮影をすることをおすすめします。曲がり具合が軽症である場合は、経過観察になるかもしれません。脊椎側弯症は骨の成長に伴い、曲がり具合も進んでいくことが多いですから、放っておいてはいけません。もし、症状がないからと脊椎側弯症を放っておくと、左右に骨が曲がるだけでなく、前後にねじれてしまい、痛みにとどまらず、肺や心臓の合併症を起こしたりすることがあります。若いうちは多少のずれも筋力でカバーができても、歳をとるにつれて筋力歩き方が悪いと、脊椎側弯症の悪化につながるが落ちると、痛みとなって現れたりもします。脊椎側弯症だと診断された場合は、できるだけ早くに施術を行うことが大切です。

歩き方が悪いと、脊椎側弯症の悪化につながる

歩き方が原因で背骨が歪むこともあり得ます。歩き方だけでなく、習慣的な癖、例えば「重いカバンをいつも同じ肩にかける」や「足を同じ方向ばかりに組む」なども原因になります。その場合は、簡単な施術と、歩き方や悪い癖を矯正することで、背骨の歪みが治ることが多いです。しかし多くの脊椎側弯症については、歩き方や悪い癖だけで発症しません。だからといって、歩き方の癖が脊骨に全く影響がないわけでもありません。直接の原因にはならなくても、悪化させる要因には十分になり得るということです。歩き方に注意したり、姿勢に気を付けたりすることは大切です。できるだけ脊椎側弯症を悪化させる可能性のある因子は排除しましょう。神経質になりすぎると逆効果ですが、意識するのとしないのとでは違います。一度、気軽にご相談ください。

更新日2016年4月9日(土)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。