側弯症と猫背

側弯症と猫背

猫背が気になる

姿勢が良い人は羨ましいなと思ってしまいますよね。特に、机に向かって作業をしている時、だんだん前のめりになったり、猫背の状態になってしまうことがあります。猫背は猫のように背中が丸く曲がって頭が前に突き出した姿勢のことです。

ま日本人は比較的平たい体型で背中やお尻などの筋肉が少ないため、前かがみの姿勢になりやすいです。それに加えて、現代社会は日常生活でパソコンやスマホ、ゲームを頻繁に使うため、長時間前かがみの姿勢を続けて猫背になりやすい環境だといえます。

 

猫背と側弯症の違いをチェック

猫背と側弯症はちがうものです。それぞれの違いを把握しておくことで、側弯症に早く気づくこともできるので以下のようなことをチェックしてみましょう。

・猫背は前後の歪み、側弯症は背中の左右の凸凹などの歪み
・猫背の原因は生活習慣、側弯症の原因はおもに不明

背中に左右で凸凹があり、背骨がs字または逆s字にゆがんでいるなど、正面から見て感じるようであれば、それは側弯症の可能性が高いです。側弯症であるかどうかは、鏡で自分の全身を正面から眺めてみるとよくわかります。

そして、猫背と側弯症、原因も違います。猫背の場合は、生活習慣が主な原因とされています。ゲームや読書、パソコンといった生活習慣が大きく関係しています。

ずっと同じ姿勢のまま何かをしている時に、だんだん前かがみになっていくことから、猫背が定着してしまいます。

一方で、側弯症については原因が明らかになっていません。側弯症は10代の思春期の頃に多くの人が発症しますが、原因がわかっていないため難しい症状とされているんです。ひどくなった場合は手術もしないといけなくなるので、左右のバランスがちょっと変だなと感じることがあれば早めに医師に診てもらうことをおすすめします。

無痛整体ではどちらにも良い変化が!

猫背にしても、側弯症しても、そのからだの歪みを整えることが先決です。サクシタ療法院では無痛整体によって、そのかたの緊張した筋肉を緩め、緩んだ筋肉を緊張させることによって、体全体のバランスをとり歪みを整えます。

からだの歪みが整うと自然と姿勢もととのいます。あとは自宅で出来る、その方にあわせた「側弯バランス体操」を指導しています。これで施術と施術との間に、整えたからだが戻らないように維持していきます。

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。