剣道部

側弯症と剣道

側弯症と剣道

 側弯症は進行すると日々の姿勢も悪化していく傾向にあります。自分でなんとか改善しようと思っても毎日の習慣を意識することはかなり大変です。でも、側弯症では施術などだけではなく、自分の私生活も大きく関係していると言われているので、特に姿勢については見過ごすことができません。では、側弯症の時に部活動などで剣道ってしてもいいのでしょうか?剣道をしていると姿勢が良くなると言われることから側弯症にいいのではと言われがちですが、実際のところどうなのでしょうか?

剣道の動きについて

 まずは、剣道の動きについて考えてみましょう。中学や高校の部活動としても剣道は定番に入り、入部して活動している人も多いと思いますが、精神を鍛える運動というイメージもあるでしょう。
 その剣道で一番大事になってくるのが姿勢です。この姿勢が正しくできていないと、剣道も上達しません。試合を見ていてもわかると思いますが、背筋がピンと伸びた状態で相手と向かい合っていますよね。正しい姿勢で挑まないと剣もしっかり振ることができません。背筋が伸びている姿を見ると剣道だな、立派だなと感じます。

相手を打破するときにも背筋は伸びたままになっています。精神統一もできて、普段悪くなりがちな姿勢を正すことができるという点では剣道はおすすめできる運動といえます。ただ、剣道の場合装具が少し負担になるかもしれません。面も重いものをかぶりますし、服装も他のスポーツに比べると身軽とは言い難いですよね。それだけ、重いものを着て相手を打つという動作をするので、あまり動いていないように見えても体には大きな力がかかっています。この装具の面をクリアすると、剣道をすることで姿勢はよく保つことができるでしょう。

剣道と側弯症の関係について

 では、剣道が姿勢を正す部活動としていいということはわかりましたが、側弯症であっても剣道は問題なくしてもいいのでしょうか?まず、側弯症であっても軽度であると判断された場合にはどの運動をしても特に問題はありません。走ったりしてもいいと言われます。あまり良くない動きとしては球技や柔道など利き腕を使ったものや体全体を曲げたりする運動が側弯症の時には頻繁にしない方がいいと言われています。
 そこで、剣道は特に問題のない部活動になっているのですが、側弯症のために曲がってきている背骨を姿勢を正そうとして無理に伸ばすのはよくありません。側弯症が進むとともに背骨のカーブ具合も角度が急になっていくと考えられているので、そんな時に無理に背筋を伸ばす運動はおすすめできません。
 しかし、側弯症が軽度の場合は経過を見ながら活動してもいいと言われる場合が多いです。剣道では基本の動作が決まっていますが、それらの練習をした時に体が痛くないか、部活動が終わってから痛むことがないかといったように、自分の体の様子はまめにチェックしておきましょう。無理に体を動かしていると、あとで側弯症の症状があらわれてくるケースもあるので注意が必要です。

姿勢を正しくしていきながら改善を図る側弯症の場合、剣道は部活動の中でも良いと言われている運動に入ります。走ることはあまりありませんが、姿勢の面で剣道は役立てることができるでしょう。剣道をしているおかげで、日頃机に向かう時の姿勢も改善される場合があるので、そういった意味では剣道は日頃の習慣を変えていくのにもいいでしょう。

体が歪んだ状態での剣道は危険

 上でも少し触れましたが、剣道を始めようと思った時にすでに側弯症がひどくなって見た目からもわかるくらいに背骨がカーブしてしまっていたら、剣道にはいることはよくありません。これは、すでに背骨が曲がっていっているのを無理に背筋を伸ばすことで負担になる可能性があるからです。剣道を始めた段階ではそこまで側弯症も進行していなかったという場合には様子を見ながら活動しても構いませんが、すでにかなり進んでいるのにそこで剣道で姿勢を正すのは逆効果となってしまいます。
 つまり、すでに体が歪んでしまっている状態の時に剣道をするのは危険ということになりますね。体の歪みがどうなっているか気になるという時には、病院よりは整体の方が詳しく見て施術をしてくれるので、あれから側弯症の進行が気になる、剣道をしたいけれど参加しても大丈夫だろうかという不安を持っているのなら、早めに相談してみましょう。相談することで新たに知識も増やせますし、気持ちの面でも負担を軽くできるでしょう。せっかくの剣道を楽しめるように、側弯症と上手に向き合っていくようにしたいですね。

側弯症と剣道、良い時もあれば悪い時もあるといったようにその時によるということになります。側弯症の症状だって一人ひとり違うので、自分の側弯症はどのレベルか剣道などのスポーツをしても問題ないのか、専門家に見てもらいながら相談してやってみましょう。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。