卓球部

側弯症と卓球部

側弯症と卓球の関係

 10代の子供といえば中学生になるとそれぞれ部活に所属することでしょう。定番はテニスや陸上、文化部といったイメージがありますが、卓球部もありますよね。

室内でできて楽しめる卓球は上半身だけ動かしているように感じますが、意外にも全身を使った運動となっています。そこで、側弯症と卓球の関係を考えてみましょう。

側弯症でも卓球をして大丈夫?

 まずは、側弯症であっても卓球をしていいのかということから解説していきましょう。動くことすらままならないほどの側弯症の症状である場合には、卓球など運動全般はできないと思います。しかし、あまりひどくない状態や体は普通に動かせる、歩いたり軽く走ったりは可能というレベルであれば卓球もして大丈夫です。側弯症でもテニスをして大丈夫なので、卓球についてもして構いません。

ただし、急に体を動かすことだけで注意しないといけません。何においても言えることですが、準備体操をちゃんとしてから卓球に移るようにしましょう。そうしないと側弯症だけでなく、他の部位を故障させてしまうことがあるからです。これは、スポーツをする上で基本となることですね。

卓球をするときに注意すべきこと

 側弯症でも卓球はしていいということですが、卓球をする際に注意すべきことがあります。卓球といえばテニスと同様利き腕にラケットを持つと思います。卓球をしっかりプレイしようと思ったら利き腕で勝負しないと負けてしまいますが、側弯症の場合は左右のバランスを均等に保つことが重要と言われているので、練習の時にはたまには利き腕じゃない方も使ってあげるようにしましょう。
 おすすめはテニスと同じように卓球でも素振りの練習をすると思いますが、この時にたまにはもう片方の腕でもするようにしてみましょう。そうするだけでも両方の腕を使うことになるので、側弯症の症状も悪化させることなく卓球を続けられるでしょう。

利き腕じゃない方は慣れるまでは非常に使いにくいですが、素振り程度であれば練習の時にできると思います。側弯症があまりにひどくならないように、日頃から両方の腕をバランスよく使えるように意識しておくと違ってきます。

卓球は側弯症の時におすすめなスポーツ

 側弯症と診断されると過度な運動はよくない、ずっと激しく動き回るのを控えるようにと言われますが、運動自体は制限されることがありません。むしろじっとしているよりは動いていた方がいいです。そんな時にも卓球はおすすめなスポーツとなっているんです。卓球は室内のスポーツなので天候にも左右されませんし、卓球台があれば特別広くない場所でもプレイすることができます。

また、左右に飛んでくるボールをラケットで打ち返すために全身も左右に動かすことになります。距離があまりなく動作的にはそこまで激しくないので、側弯症の人でも安心して取り組むことができるでしょう。

体を動かすことですっきりするので、特に10代の子供の場合は積極的に動いていった方が側弯症も改善されやすいです。外で激しい運動は辛いという時には気軽に始められる卓球はおすすめとなっているんです。

定期的な体のメンテナンスもしていこう

 卓球は他のスポーツから比べると運動量が少ないように感じますが、だからといって側弯症を放っておくわけにはいきません。ちゃんと側弯症の様子も見ながら楽しく卓球をすすることが大事です。病院に行くと側弯症の度合いをレントゲンで見せてくれて医師から説明を受けることができますが、それ以上のことはあまりしない場合が多いです。
 そこで、自分の体の状態を知るためにも整体を利用してみましょう。整体では痛くないように施術をしてくれるので、痛みが辛くて整体に通うのも怖いという人でも安心して通うことができます。一度も整体に行ったことがないという人は、整体おすすめします。側弯症の症状も自分が気づいていないことを教えてくれて、また日頃の生活でどんなことに気をつければいいかということについても丁寧に教えてくれるので、自然に側弯症を改善させていくことができます。

自宅でのストレッチなんかについても聞いておくと、テレビを見ながらリラックスしながら取り組めるのでいいでしょう。無理をせずに辛いと思った時には休むようにして、体を動かせそうなときは卓球を楽しみましょう。そして、日常生活の中でも体を動かせるように意識してみると側弯症の症状も良い方向へ変わってくるでしょう。

側弯症は10代に多い症状であり、ひどくなると腰や肩こりにも悩まされるようになります。悪化させないためには適度な運動が大事と言われているので、特に部活動に入っているような子供たちは無理のない範囲で体を動かしてみましょう。徐々に側弯症の症状も変わっていき、運動を全くしないよりはした方がいいです。

体が成長している時期でもあるので、側弯症の様子を見ながら運動に取り組んでみましょう。大人になると治るというケースも多いので、親が様子を見てあげながら運動もさせてあげましょう。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。