側弯症と体の傾き おおもとは体の歪みでは

側弯症と体の傾き

 

側弯症で体が傾く

側弯症から背骨が湾曲して歪むことによって、姿勢や見た目に支障が出てくることがあります。とくに角度が進むと体が傾いたようにもなっていくケースがあります。

背骨が彎曲するので、肩の高さやウエストの高さなど左右のバランスも少しずつずれます。

特に、以下のような状態を感じたら体が傾いていると考えられます。

・いつも荷物を持つ手が決まっていて、もう片方で持つと痛くなる

・歩いている時の左右の足音が違う

・歩いているとズボンやスカートの中心がずれてくる

・片方の足に重心をかけて立つことが多い

・腰痛持ちなので傾けていると楽

・写真を撮ると肩の高さが左右で違う

・電車に乗るとき進行方向に向かって右に座らないと落ち着かない

このような項目をぜひチェックしてみてください。側弯症にもいろいろとレベルがありますが、これらの項目にかなり当てはまるという場合には体の傾きが強く現れてきている可能性が高いです。自分を外側から見ないとわからない点もあるので、鏡で見るときは肩の高さや顔のバランスを確認してみるなども大事でしょう。

体の傾きは歪みを表している

体が傾いているとわかったら、それは体が歪んでいるというサインでもあります。この体の歪みをサクシタ療法院の無痛整体で整えると、日頃の姿勢や見た目、形も変わってきます。体が傾いていると、以下のような辛い症状がやってくることもあるので注意しましょう。

・首コリ、肩コリ

・腰痛や背中の痛み

・お尻の痛みや張り

・運動後に膝が痛む

・生理痛や腹痛、胃下垂など

・足のむくみ

こうしてみるとどれも起きて欲しくない症状たちになりますが、体の傾きから歪んでしまっているときにはこのような不調も感じやすくなります。そのため、上に挙げた症状にいくつか当てはまるという人は、体の歪みケアから始めてみましょう。

 

 

側弯症あきらめないで!

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。