側弯症と腰痛

側弯症腰痛

側弯症と腰痛

 側弯症は背骨が曲がったように見えることから、外見上でも判断できる場合が多いです。軽度であれば普段あまり症状を感じないので違和感がありませんが、重度になってくると見た目からして側弯症ならではの歪みが生じてきます。そんな側弯症は体の他の部位にもいろんな症状を伴ってくるようになります。その1つに腰痛が挙げられます。

側弯症と腰痛の関係

 側弯症は背骨が曲がったように見える症状として特に10代の若い人に多いと言われていますが、症状の1つに腰痛もあります。若くして腰痛を経験すると学校生活でも支障が出ることが多く、体にも精神的な面においても負担がかかってきます。では、そもそもなぜ側弯症から腰痛になるのでしょうか?
 腰の部分というと上半身と下半身をつないでいる重要な部位でもあります。そこで側弯症になることで背骨が曲がってくると立って歩いているときや座って作業をしている時にも腰部分を通常以上に体重をかけてしまうことになるので、不自然な力が加わり、腰痛を引き起こすようになってくるのです。

 腰痛というと年をとってから感じるものというイメージがありますが、側弯症になってしまうと若くしても感じるようになってしまうのです。腰痛はじっと安静にしているだけでは改善されません。整体に通って正しい施術を受けたり、生活の中で意識していくことが大切です。側弯症から起きる症状には肩こりなども挙げられますが、その1つに腰痛も当てはまるんだということを知っておきましょう。

側弯症を改善していくには

 側弯症自体を根本からしっかりケアしていくことで、症状は和らげることができます。腰痛は立ったり座ったりといった日常生活の中で辛く感じるケースが多いので、できるだけ早くよくしたいと思う人は多いでしょう。そのためには、側弯症を改善していくことから始めてみましょう。
 側弯症を改善していくには、側弯症にいいとされている体操をしてみる、食事の栄養バランスを意識してみる、負担にならないような軽度の運動で体を動かすといったことを意識してやってみるといいと言われています。側弯症から体が動かしにくくなることは事実です。だからといってそのままじっとしているだけではよくなりません。ウォーキングをしたり、体操をゆっくり始めてみるだけでも変化は訪れます。

 そして、食事は基本と言われていますが、側弯症のような症状の場合にも食事は大きく関係しています。そのため、特に10代の側弯症の場合には親がしっかりとした食事を与えてあげることが重要になってくるんです。体操については側弯症のことを調べている中で知ることもできますし、整体に行ってどんなストレッチや体操がいいか教えてもらうこともできるでしょう。間違って体を動かすと意味がなくなってしまうので、きちんと正しい方法でおこなうようにしましょう。

腰痛を改善していくポイント

 側弯症からくる腰痛、本当に生活の中で不自由に感じることも多いですが、腰痛自体を改善していくにはどんなことをしていけばいいのでしょうか?腰痛があまりにひどいというときには、まずはゆっくり休むようにしましょう。楽な姿勢で横になると痛みが緩和することが多いです。

 また、日頃の生活の中でも特に姿勢に意識してもらいたいと思います。座っている時も背筋を伸ばすようにする、中腰の姿勢を控えるようにするなど、小さなことに気をつけてみるだけでも腰痛が改善されることが多くなっています。姿勢というのは癖になってしまっていることが多いので、改めて意識することで改善ポイントも見えてくるんですね。腰痛は何かを持ち上げようとするときなどにも痛みが走り辛く感じるので、毎日を快適に送るためにも少しでも早くよくしていかないといけません。

整体でも側弯症の腰痛をケアできる

 側弯症という症状はいくら自分で調べて改善しようと思っても限界があります。やはり
 側弯症に詳しい専門家にみてもらうことで正しいケアをすることができます。そこで、多くの人の体の症状をみてきている整体師さんに相談してみるのもいいでしょう。整体ではその人の体の症状をしっかりと把握し、一人ひとりに合った方法で施術をおこなっていってくれるので、整体に通うようになってから嘘のように腰痛がなくなったという人も多いです。
 実績のある整体に通ってみて、自分の症状を詳しく説明してみましょう。あなたの症状から整体師がぴったりな方法で施術をおこなっていってくれます。

 側弯症は原因も明らかになっていない症状です。しかし、一度発症すると腰痛など辛い症状を招くことにもなるので早く良くしたいと思う人は多いです。そんな時には自宅での過ごし方や日常生活を送り方を振り返ってみる、整体に通ってみるなどの行動を起こしてみましょう。腰痛がくせになってしまうと慢性化ということになるので、年齢を重ねていく上でも支障が出てきてしまいます。そうならないように、早い段階で適切なケアをしていきたいですね。

更新日2016年4月14日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。