側弯症と自律神経

側弯症と自律神経

側弯症からくる自律神経の不調を改善していくには?

 側弯症は10代など成長期にあたる時期に起こりやすい症状となっており、背骨が曲がったように見えることから整体などで姿勢や歪みの改善をしていくケースが多いです。そんな側弯症からはさまざまな不調が出やすいと言われています。その一つに自律神経の不調も挙げられるんです。特に、自律神経失調症を引き起こすケースが多くなっているので、注意が必要になっています。

なぜ、側弯症から自律神経失調症になるの?

 側弯症になると脊柱が曲がってくる見た目だけではなく、臓器や肩こり、首にも症状が出てくるようになるといいますが、決してそれだけではありません。自律神経失調症も招くことがあるんです。脊柱という体を支えている大事な部位には、自律神経もたくさん集まっているんです。体温の調節や発汗、睡眠や食欲、涙などと私たちが生きていく上で大切な機能が自律神経によってコントロールされています。

この自律神経が側弯症によって圧迫されたり、片寄ってきてしまうんです。上手に自律神経がコントロールできなくなることでさまざまな不調を引き起こすようになってしまうので、側弯症を早く改善しないと体が辛く感じることが多くなってしまいます。側弯症によって骨が元の正しい位置に戻らなくなってしまうために、大事な自律神経が圧迫され、失調症となって症状があらわれてくるんですね。

自律神経失調症の症状とは?

 側弯症から自律神経失調症も招いてしまうということですが、では実際に自律神経失調症になるとどんな症状が出てくるようになるのでしょうか?いくつか紹介してみましょう。

・冷え性
・心臓系の症状
・食欲不振
・息切れ
・ドライアイ
・不妊症、生理痛
・不眠症
・めまい、耳鳴り
・手足などのしびれ
いくつか挙げるだけでも、これだけの自律神経失調症の症状があるんです。人それぞれ出てくる症状には違いがありますが、たくさん出てくると日々の生活も困難になってきてしまいます。特に、女性にとっては冷え性や不妊症、生理痛と女性特有の病気で悩むことになるので側弯症をできるだけ早く改善しないといけません。

不妊症になってしまうと妊娠する確率も下がってしまうので、女性にとってはつらいことです。自律神経って私たちの体を健康的に維持するには欠かせない存在なんですね。

その他にも不眠症や食欲不振などと毎日健康に暮らしていくことが難しくなってくる場合があります。側弯症は見た目だけでなく、体の内側からもさまざまな不調をきたすようになるんですね。

側弯症を改善していくことがまず大事

 自律神経失調症でいつまでも悩むのはきっと嫌でしょう。そこで、自律神経を乱してしまっている側弯症を改善していくことをまず考えてみましょう。ただ、自分自身の判断や素人の判断で適当なことをしてはいけません。逆効果となることがあるので、きちんと専門家に見てもらうことが必要です。
 そこで、整体を利用することをおすすめします。病院ではないのでまずは側弯症の原因となっている部位を探し出して体に負担のないようにケアしていくことが可能です。よって、痛みに弱い人も気軽に整体なら通うことができるでしょう。

整体に行くと自分よりも整体師さんの方があなたの体をじっくりと調べて理解してくれます。そうすると、側弯症がどれだけの症状なのか、自律神経の状態がどうなっているかという予測も立てられます。そうしていく中で実際の施術に移っていくことになります。

まずは、体の軸となる背骨の歪みをケアしていき、徐々に自律神経失調症の改善にもつなげていってくれます。整体師は実績のあるところであれば今までに数多くの人の症例を見てきているので、あなたの側弯症からくる自律神経失調症の不快な症状も整体を続けていくうちに改善されていくことでしょう。

整体は一度行っただけですっきり解決するというものではありません。定期的に通うことで、徐々に不調を気にならなくしてくれます。痛みがあるときはきちんと伝えると自分のペースで施術をしてくれるので、まずは評判のいい整体を見つけることが大切ですね。

セルフ整体も上手に活用しよう効果的

 整体に通うことで徐々に不調を改善していってくれることは確かですが、セルフ整体も上手に活用すると、不快感を緩和することができます。まず、誰かにそばにいてもらってうつ伏せに寝ましょう。そして、背中の痛むところを中心に優しく押してもらいます。

筋肉に優しく触れることが大事です。痛む程度ではなく、痛みがない程度に押してもらうことがポイントです。強く押してしまうと意味がないので、負担にならないようにすることが大事です。

側弯症は自律神経失調症も招いてしまうことから、早めの対策が大事と言われています。不調を本格的に感じるまでには側弯症を整体を利用して改善していきたいですね。そして、側弯症自体をケアしながら、自律神経の不調も改善させていきたいものです。

更新日2016年3月31日(木)

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。