側弯症 思春期の時期に角度が進む方が多いです

 側弯症思春期の時期が大事思春期の側弯症

思春期の頃は自分の体型や容姿が気になる年頃です。周りと比較することもありますし、異性からの視線が気になってくる頃です。そんな時に発症しやすい側弯症はどのような特徴があるのでしょうか?

思春期側弯症は側弯症の中で最も多い

側弯症というとたった1種類しかないように思われますが、実はいくつかに分類されており種類も存在します。その中で、最も多いとされているのが思春期側弯症なのです。

10歳以降に発症する側弯症が思春期側弯症の特徴であり、骨の成長が止まるまで進行すると言われています。突発性側弯症という言い方もされ、ある日突然症状が確認され、原因が明らかになっていない場合がほとんどです。

日本人におけるこの思春期側弯症の確率としては、約2%と言われているので確率としては低いのですが、発症すると日々の生活に気をつけて過ごさないといけないので本人にとっては負担になることも多いのです。

さらに、この思春期の側弯症は性別でみると女子に多い症状であるというのも特徴になっています。

また、全員ではないのですが、体型でいうとほっそりとした痩せ型の女子に多く見受けられる印象があります。しかし、はっきりとした原因がわかっていません。そのため、側弯症になるのを未然に防ぐのは難しいです。

成長がとまれば、側弯の角度の進行は治まってくると言います。それまでは少しずつでも進行する可能性はあるので、よく様子を見ておかないといけません。

筋力をつけることの意味

思春期の側弯症、本人にとってはどのような進行するのかと思うと心配になってくることもあるでしょう。しかし、これも成長期が終わりに近づいてくる頃にはだんだんと落ち着いてくるケースが多いです。

そして、病院に行くとレントゲンを撮って詳しく検査をします。その際に角度が25度以上だと、医師からコルセットなどの装具をつけて固定するという方法を提案されます。おもに角度がそれ以上進まないようにするためです。

サクシタ療法院の無痛整体では、からだのゆがみを修正し、筋肉のバランスをとり、自然のコルセットになるように施術していきます。

そんな中、思春期の側弯症を改善するためには筋力強化をお勧めしています。筋力があまりついていないやせ型の女子に思春期側弯症は多く向けられます。筋力をつけていくことが、ゆがみ修正したあとのからだの維持に役立ちます。

そこで、側弯症と診断されても極端に無理な動きをしない限りは、積極的に体を動かしてもらいたいと思います。特に成長期の子供はこの時期にどれぐらい活発に体を動かせるかによって、成長のスピードや骨の発達などにも影響してきます。

好きなスポーツを始めてもいいですし、ジョギングやサイクリングなど学校が休みの時に運動ができるものを見つけておくのも良いでしょう。親子で楽しめる運動もあれば、大人の運動不足も解消できて一石二鳥ですね。

学校では体育や部活動にも積極的に参加してもらいたいです。自分がやってみたいと思えるスポーツがあったら、それが体の負担にならないかだけ確認してから始めてみると良いでしょう。

そして、体が辛い、疲れていると感じる時には無理をせずに休息をとるようにしましょう。

定期的に無痛整体でゆがみを修正

通常、原因不明の側弯症は経過観察が基本になります。その間、何かできることはないのでしょうか?そう考えて、サクシタ療法院に来られるかたが多いです。親御さんのご心情を察すると無理もありません。

サクシタ療法院には、からだのバランスを整える無痛整体があります。無痛整体では、すべてをからだのゆがみという視点でとらえます。手足をもちいて筋肉の反射を利用し、からだのゆがみを整えます。これは、コルセットをつける装具療法の肩でも受けられます。それも早い段階で施術を受けると良い変化も早いです。そのためにも早期発見が大切です。

 

側弯症の中で一番多い思春期の側弯症、背骨が変形してくると特に女子の場合は気にしてしまうでしょう。そんな中でも少しでも改善する方法を見つけてケアをしていくと、それ以上進行させずに変化させることができます。

側弯症あきらめないで!

掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。